上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ラストフレンズのアンコール特別編。
スミマセン、辛口です。

制作者さんの思惑にまんまとはまり(笑)、
総集編とわかっていながら最後まで見てしまったという・・・・・orz
だって、総集編プラス「その後のエピソード」とかいわれると、
心理的に見たくなるじゃないですか。
その辺、ズルいやり方というか、あざといやり方というか・・・。
あの内容だったら、やらなかった方がよかったと思います。
総集編とはいえ、衝撃的と話題になったシーンだけ寄せ集めた感じ。
だって、印象に残ったというか、耳に残ったのは、
繰り返しかかる宇多田ヒカルの曲と宗佑が切れたときのBGM。
まさにこれらの曲がかかるシーンばっかりだった、ってことですね・・(^^;

「その後のエピソード」の内容もちょっとがっかりでした。
5人が集まるシーンもあんまりなく、瑠可(上野樹里)に至ってはほとんど出なかった。
そして、タケル(瑛太)の姉が最終回には出なかったくせに、
なぜか特別編には出ましたね。
まるで、「タケルの過去エピはどうした!」っていう巷の声が聞こえたような(笑
出たといっても、タケルの過去について具体的なことはわかりませんでした。
ただタケルが電話で姉に「もう吹っ切れました宣言」をして終わり。
それだけかよーーーー!
「その後のエピソード」というなら、
最後まで世間にカミングアウトしなかった瑠可の性同一性障害はどうなったのか、
手術はしたのか、
タケルのトラウマはどうなったのか(ホントに最終回のアレで終わり?)、
美知留(長澤まさみ)の母親ぶりなどなど、
もっといろいろ盛り込んでほしかったです。
エリとおぐりんはいいから(笑

ラストフレンズ、最終回の一つ前までは良かったのに、
最後が不満だらけっていうのが残念でなりません。
スペシャルをやるなら、半年後や1年後にやればよかったのに。
連ドラの総集編と新たなエピソードをちゃんと加えて。
ただ、ストーリー的に陰の主役・宗佑(錦戸亮)はいないし、
やっても盛り上がらないかもなぁ・・・・・。
恐るべし、及川宗佑!(笑


スポンサーサイト
ラストフレンズ、最終回は「未来へ」。
いやーーー、終わっちゃいました。
毎回衝撃的な展開で話題に事欠かなかったこのドラマでしたが、
あれ、最終回は割と無難な終わり方?
なんて思っちゃいましたが・・・。
でも、ハッピーエンドで良かった、ということで。(^^)
赤ちゃんも含め、4人でシェアハウスに住む。
「良く生まれてきたね・・・世の中って悪くないよ
これからステキなことがいっぱいある
瑠可の言葉が心に響きます。
4人(+おぐりんとエリ)の今後が楽しみです。
で。
ハッピーエンドになるのは予想してましたが、
実は、最後の最後までチラッと別のラストも期待してました。
エンドロールの後、何かが起こるんじゃないかって。(笑
実は一命を取り留めてた宗佑が、どっかのサナトリウムかなんかにいて、
「みちる、遅くなってごめんよ。今迎えにいくから・・・」っていって、
例のBGMで終わったなら、最高にホラーだったのに、って。(違っ!)
そんなホラーなラストではなかったですね(^^;
ま、そういう意味でも、無難な終わり方でした。

このドラマ振り返ると、宗佑(錦戸亮)の存在感がすごかったです。
死んでも、おぐりんより出番多いし!(笑
美知留(長澤まさみ)へ宛てた宗佑の手紙は、
美知留じゃなくてもジーンときてしまいました、不覚にも!(笑
「笑わせてあげられなくてごめんね
 愛し方がわからなくてごめんね
 僕が君を幸せにできなくて・・・
 さよなら、美知留・・・幸せにね」
うわーーん、いいヤツじゃん、宗佑って!(ノД`)・゜・。 (違うから)
確かに、瑠可(上野樹里)が云ったように、
自殺ってことで、死んでなお美知留の心を縛るやり方は卑怯なのかもしれない。
そこまで考えて自殺したのなら、宗佑ってスゴイ奴です、ホント。

で。
これより下は、最終回の不満っていうか、いろいろツッコミ入れてます。
最終回は最高でした!って方は、ご注意ください。(^^;
... 続きを読む
今回が最終回だと間違えた「ラストフレンズ 最終章 愛と死」。
だーーって先週の予告の中で「最終・・」とか一瞬見えたら、
そりゃ最終回だって思うじゃないですかー!(イイワケですけど)
今回の10話は、最終回の一つ前。
だーーーーっ!紛らわしぃぃぃぃぃ!
いきなり「最終章」とかいわれても、それまで章単位で分かれてましたっけ?
ま、いいです。
前回のブログ記事のコメントで、「最終回じゃないよ」と教えてくださった方、
自分が間違えてたみたいです~(^^;
ゴメンなさ~い!m(_ _)m

気を取り直して。
最終回まであと1回、10話もすごい展開になりました。
前回のラストで宗佑(錦戸亮)に組み敷かれ、
瑠可危うし!ってところで終わりましたが、
何とか身体の方は無事だったみたい。
でも、プライドをへし折られ、精神的にはかなりズタズタに・・・。
破られたシャツを着替える瑠可(上野樹里)の涙が切なすぎます。
宗佑、アンタって人は・・・o(`Д´*)o

週刊誌に瑠可が性同一性障害だという記事が載り(宗佑の仕業に違いない)、
瑠可の身辺も騒がしくなり・・・。
自分への想いを偶然聞いてしまった美知留(長澤まさみ)は、
シェアハウスを出てしまうんです。
「私はどうやったって瑠可の気持ちには答えられない」
残酷な現実。辛すぎる現実。
揺れ動く美知留の元へ、宗佑から連絡が・・・。
「もう終わりにしようと思うんだ」
「合鍵を返してほしい」
美知留、行っちゃだめー!ってテレビの前で叫びましたよー!(^^;
宗佑の部屋で美知留は、そこで瑠可と宗佑に何があったのか聞かされ、
瑠可のことをバカにする宗佑によもやの平手打ち。
「あいつらがどうなってもいいのか!」
激昂した宗佑は力ずくで美知留を押し倒し・・・。

ベッドの中で、抜け殻のようになった美知留が悲しい。
「宗佑・・・ひとつだけ約束して。私の友達に二度と手を出さないで
 そう誓ってくれるなら、私、ここにいてあげる
 宗佑と何度でもこうしてあげる」
自分を犠牲にしてまで友達を守る、その切ない気持ちが宗佑に届いたのか。
ラスト、なんと宗佑が自殺を図りました。
手首を切って、胸に抱いた白いドレス(?)を血で真っ赤に染めて。
ふおおおっ!!死ぬのは宗佑だったかーーー!
いや、まだ死んだかどうかわかってませんが、
次週、衝撃の(毎回衝撃的ですが)最終回が気になります!
「さよなら、美知留。君を自由にしてあげる
宗佑のセリフからして・・・やっぱ死ぬのか、宗佑!
最後の最後まで自分勝手なヤツでしたが、
ある意味とってもインパクトのあるヨゴレ役でした!(だからまだ死んでな・・

そういえば・・・。
タケルの姉は?タケルの過去は?
お姉さん、全然出てこなかったじゃん!
「衝撃の最終回」、気になります!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。