上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最終回とはいえ、ながら見しちゃったCHANGE。
まともに見たのは初回くらいという・・・。
他のドラマよりスタートする時期が遅かったのも、
イマイチ波に乗れなかった理由のひとつかもしれませんねー。
阿部ちゃん扮するニラっちは好きだったのになぁ・・・(笑
そんなこんなで、FINALです。

前回、予算委員会の途中で倒れた朝倉総理(木村拓哉)。
「僕は・・・」って何か云いかけて倒れ最終回へ、ってことになったのですが、
やっぱあの場面で倒れるのは反則だよなーって思います、今更ですが。
あれだけ大騒ぎしておいて、
最終回始まってみれば「腹減った・・・」ってのんきに起き上がるし。
ちょっと心配して損した、みたいなー(笑
結局辞意を表明することになったものの、
自分の言葉で語りたいと長々と演説する総理。
途中総理が涙ぐむシーンもありましたが、どうにもこうにも演説が長すぎたような。
神林議員(寺尾聰)をどう黙らせるか、
大どんでん返しとか、ミラクルとか期待してたのに、
解散総選挙で終わりかぁ、みたいなー。
美山さん(深津絵里)とは、めでたくゴールインして、
街頭演説に立った朝倉元総理の左手薬指には結婚指輪が光ってたけど、
んー、そこだけうまくまとめたか、みたいなー。
最終回なら、他の人たちのその後をちゃんと見せてほしかったですね。
総選挙になって、神林議員はどうなったのか、
議員たちの意識はどう変わったのか、
神林議員の秘書や総理の秘書たちはどうなったのか、
官僚と呼ばれる人たちはどう変わったのか、
国民は政治に関心を持つようになったかとか、
お茶を廃止して経費は節減できたのか(笑)、とか・・・。

ずっと「ながら見」してたので、大きなことは云えませんが、
特にスゴイ盛り上がりもなく、大どんでん返しもなく、
ドキドキワクワクするような展開もなく、
何がどう変わったかよくわからないまま、中途半端に終わってしまったCHANGE。
キムタクだから面白いドラマ、キムタクだから数字が取れるドラマ、
っていうわけではないってことですね。
キャストはなかなか良かっただけに、ちょっと残念です。

ドラマも最近1クールに1、2本くらいしか面白いものがないですね。
今度はマンネリ化したドラマをCHANGE!とかどうでしょう(笑
スポンサーサイト
2008.07.01 CHANGE  8
ちょーっと展開的に面白くなかったので、
CHANGEの記事書かなくなってましたが、復活しました。
だって、最終章だから。
最近流行の「最終章」(笑)って、なんて都合のいい言葉なんでしょう。
自分みたいに、
「最終章なら見ようかな」って思う人もいるだろうし。
前回は、いきなりの15分拡大。
「月9」もいろいろ小細工しないとダメなのかなぁ・・・。(笑

これまでのあらすじ等はフジ公式サイトさんにおまかせ。
最終章の序幕(?)、8話の感想をチラっと。
8話であっさり仲直りの握手した朝倉総理(木村拓哉)と神林官房長官(寺尾聰)。
神林議員の笑顔に、
「その笑顔、ぜーーーったい裏がある!」と思ってたら、
案の定、うそっぱちの「私は総理に罷免されました宣言」!
大胆っていうか、そんなこと云っていいの?っていうか・・・。
だって、カメラは撮ってなかったかもしれないけど、
罷免なんかされてない、って周りのみんな見てたよねぇ。
密室での話だったら、いくらでもウソの記者会見できるけど・・・。
そこらへん、ちょっと腑に落ちないっていうか、首を傾げちゃいましたが。
それともちゃんと策があるのか。
神林議員に愛想尽かした美山さん(深津絵里)は総理の元へ戻っちゃったし、
近藤秘書(風間杜夫)の心もちょっとグラついてるし、
まさにハダカの王様状態。
アメリカ大統領と通じてるっぽいですが、最後の最後でそっぽ向かれそうです(^^;

9話は、総理がブッ倒れてましたが、どうなることやら。
総理が倒れたシーンは、
CMでこれでもかってくらい流れるんだろうなぁ・・・(笑

録画しておいたの、今日観ましたー!(^^;
ちょっと今更ですが、3話の感想をチラっと。

いやー、とうとう総理になっちゃいましたねー!
もう一話くらい総裁選で引っ張るかと思いましたが、
意外にもあっさり勝っちゃったよ~!
総裁選の裏のゴタゴタとか、もっとあるのかと思いましたが、
問題は総理になってからってことなんですね、きっと。

聴衆の前での演説は、力説だった朝倉議員(木村拓哉)。
「僕のすべては、みなさんと同じです!」
国民と同じ目線で、国民と同じ意識で政治を行う。
理想ですね、それって。
そうやって政治を国民目線で行って、どう変わるのか見てみたいです。
また、国民の意識を常に政治に向けることができるのかも注目です。
古い考えをどう打ち破るのかも注目です。
ちゃんと変えてくれよ、朝倉総理!
約束だぞぉぉぉぉぉぉぉ!

「陰の総理」みたいな存在、神林議員(寺尾聰)。
彼は一体何者?
長老議員と一線を置き、政局をしたたかというか、冷静に見つめてますね。
新人の朝倉議員を総裁選に引っ張り上げたのも神林議員。
果たして彼の目的は?
総理の椅子で大騒ぎする朝倉と理香(深津絵里)を横目に、
謎の携帯電話に出る神林議員。
「これであなたも総理になったも同然・・・」
う・・・何やら、裏がありそうな。
神林議員も総理の座を狙ってるってことですか。
ただね、神林議員って、総理の顔じゃないと思うんですけど。(失敬)
どちらかといえば、女房役の官房長官がお似合い?

次回は、組閣ってことですが、ちょっと注目です!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。