上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ちょっと見ない間に、よくわからないことになってましたorz
いなくなってる人もいました・・・。
新しい人もいました・・・。
マヤの化粧が濃くなってました(かんけーない
今回も、ツッコミどころが満載です(^^;

マヤ(吉瀬美智子)に殺害された敷村教授のパソコンには、
抗ウィルス剤の在処のヒントが残されてたらしく、
藤丸(三浦春馬)、加納、南海、宗方の4人で、
抗ウィルス剤があるというコテージへ向かいます。
で、確かにそこにありました、抗ウィルス剤。
頑丈なセキュリティシステムに守られた金庫とかに入ってるかと思いきや、
鍵もなーんもかかってない、簡易な保管庫(保冷庫?)に無造作に入ってました。
そんな大事なもん、そんな扱いでいいのか~!

で、抗ウィルス剤のあるコテージって、マヤにバレバレなんです!
Third-iの行動、テロリストに筒抜けなんです。
で、武装したテロリストに思いっきり囲まれてるし!
素人目にみても、宗方が挙動不審なのがわかるってのに、
なんで加納とか南海とか気づけないかなぁ・・・。
っていうか、そんな大事なもん、取りに行くのに、
護衛をもっとつけろよ~!って思います。
マヤをアジトに案内させるときだって、
護衛車なしっていうのには驚いたんだけど。
Third-iって、動ける人が少なすぎだし、何より切れ者がいないっていうのが・・・。
警察庁の秘密部隊っていうくらいだから、少数精鋭のエリート部隊なんでしょ?
だったらもっとがんばろうよ!
抵抗したものの、結局マヤに抗ウィルス剤を渡してしまうのですが、
ちゃっかり一つだけ耳の裏に隠してた藤丸・・・。
それに気づかないマヤもなんだかなぁ・・・。
ま、どっちもどっちかぁ・・・

元教祖(?)のモールス信号も、ちょっと笑いました。
雰囲気だけは、「羊たちの●黙」に出てくるレクター博士を真似てるのかって
感じだったから、ちょっと期待してたんですが、だいぶガッカリ・・・

国家転覆を狙ったウィルステロ、囚われた教祖の奪還計画、
テロに立ち向かう天才ハッカー。
な~んか大風呂敷広げてみたものの、
広げすぎちゃったかなーって感じがありあり。
最初こそ、面白そうなドラマじゃん、って思ってみてたのですが、
ちょっと失笑ぎみになってきました・・・。
昨日は、夕飯後にダンナも一緒に見てたのですが、
コンピュータにちょっと詳しい人が見ると、
やってるハッカー自体、やっぱ失笑もの、らしいです。

次回、とうとう藤丸の仲間にも感染者が出てしまったようで・・・
ストーリーも終盤に入ってきたので、
ふおおおお、こうでなくっちゃー!
と思わせるような展開をひとつよろしくお願いしたいですv

スポンサーサイト
第3話です。
「裏切り者は誰だ!?味方に潜む敵の影!テロリストの首謀者現る!」
長いサブタイトルなので、大体これでお話の筋がわかります(^^;
といいつつ、前回はすっかり見逃してしまったブラッディ・マンデイ。
今回はちゃんと観るぞと気合入れました!
が、「ふおおお!」と驚きつつ、
ラストは「え?そういうことなの?」とちょっとずっこけた(笑
そんなこんなで、チラっと第3話です。

前置きしておきますが、管理人、前回観てません。
原作も知りません。
なので、いきなり始まったこの展開にまずビックリでした。
テロリスト・折原マヤ(吉瀬美智子)と、
天才高校生ハッカー・高木藤丸(三浦春馬)が、
マヤの部屋で2人きりな状況がまずわかりませんでしたが、
マヤが「せっかく優しくしてあげたのに・・・バカね。」と
藤丸に拳銃構えたのにはビックリ。
で、そのマヤは、向いのビル屋上から狙撃を受けて、
まんまと捕まっちゃう。
3話でいきなりこの展開とは!
展開早いので、1回見逃すと何がなんだかわからなくなりますネ。

でもこのドラマ、
果たして夜8時台にやっていいドラマなのかなぁ・・・?
捕まったマヤを尋問するシーンはちょっと過激すぎっぽい。
「Third-i」のメンバー、南海かおる(芦名星)が
テロリストの一人に踏んだり蹴ったり殴られたり蹴られたりする
暴力シーンもちょっとなぁ・・・。
見ていて顔を背けたくなるシーンは、
この時間帯じゃいらないんじゃないか、とふと思いましたが。

で、テロリストの首謀者・J(成宮寛貴)が動いてきました!
前回も動いてたんだったら・・・すまない、見てなかった(^^;
成宮寛貴クンはフジ系月9ドラマ「イノセント・ラヴ」で
ちょっと異質な役どころやってますが、
このドラマではなんとテロリストぉぉぉ!
しかも首謀者ぁぁぁ!
これはやっぱ見逃しちゃいけませんね。

今回は、Thrid-iの中の裏切り者が発覚。
最初はどうみても加納(松重豊)だと思ってたんですが、
実は宝生(片瀬那奈)だったという・・・。
それを見破ったのは藤丸なんですが、
その理由が・・・・・・もうちょっと何とかならなかったんだろうか。
「宝生さんは、トンネル内のナトリウム灯で色は見えにくいはずなのに、
青い車って言ったから
え?それが理由かぃ!
思わずズズズーーーーッとずっこけました(笑
もうちょっと、ハッカーらしく見破るとか、そういうのはなかったのかなぁ。
名探偵コ●ン君だってわかるゾ、きっと。

ということで、ツッコミ入れつつ、次回も絶対見ます。
三浦春馬クンは回を重ねるごとにカッコよくなるし、
友人の音弥(佐藤健)もカッコいい。(イケメン狙いか
「鍵からの解放」、なんかまだ意味わからないけど、期待してますv
土曜の夜が楽しくなりそう~v


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。