上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「ホタヒカ」も最終夜、ホタルはきれいに光ってたぞー!

あぁもうね、すごいよかったです♪
久々に面白いドラマを見たゾって感じ。
しかもラストって、あーーっ!やっぱそうなの?!
って叫んだもん!(^^;
で、ラストは雨宮と一緒になって泣いてましたっ!(;▽;)

マコト君(加藤和樹クン)と同居?同棲?を始めた雨宮(綾瀬はるかチャン)ですが、
やっぱどーーーもうまくいかない様子。
ギクシャクしてるというか、お互い気をつかうというか。
わかりますわかります、その気持ち。
一緒に住んで初めてわかる、いろいろと不自由な生活ってヤツだよね(^^;
マコト君の方も、ぶちょお(藤木直人サン)と同居していたということが
吹っ切れてないし、
最終夜が始まって10分くらいで悟りました。
この2人、別れるよ!(笑

で、その予想はものの見事に当たり、雨宮に別れを告げるマコト君・・・。
まぁね、前々から自分は、雨宮とぶちょおのやり取りが大好きで、
雨宮とぶちょおの2人がくっつけばいいのになぁと思っていたので、
マコト君と別れても、何の感想もございません(笑
やっぱりね~って思ったくらい?(ひでぇ・・
マコト君と別れ、ぶちょおのところにも戻らず(家取り壊しはウソだった)、
一人暮らしを始めた雨宮。
が、新しい部屋も相変わらずの「のだめ」状態には笑えた・・

そして、お話は1年後の夏。
大きな仕事も任されるようになった雨宮。
失恋して一回り大きくなったような?(マコト君は目立たなくなっちゃってたけど・・・)
ぶちょおのデスクの前で意味深な笑み・・・
「ぶちょおv 今年もビールのおいしい季節になりました」
イヤな予感がしたぶちょお、仕事終えてマッハで帰ってみると、
縁側にはジャージにちょんまげ、いつもの雨宮がーーーっ!
今までのぶちょおへの想いを懸命に伝える雨宮に、ぶちょおも
「わたしも君のことが好きだ」って!
うわーーー、ついに云った~!
ボロボロとうれし泣きする雨宮と一緒に、
何か自分も一緒になってダーッと泣いてました(;▽;)
よかったねぇ、ホタル!

2人、いつもの縁側で、仲良く座ってはみたものの・・・
「もし私に好きな人ができたなら、今度は君が応援しろ」
はぁ~?はぁ~?はぁ~?
ぶちょお、雨宮のことが好きだって云ったのに・・・
やっぱ、この2人、大好きです!(^^)

お帰り、ホタル!

スポンサーサイト
「ホタヒカ」も来週が最終回なんですね。ってことは第十夜で終わり?
他のドラマより短いよ~というか、
もうちょっと部長と雨宮のやり取りを見ていたかったですよ。
雨宮の天然干物キャラには毎回笑わせていただきましたが、
それもあと1回で終わりなのか・・・。

前回、雨宮のジャージ姿に怒ったのか、部長と一緒にいるところを誤解したのか
よくわかんないけど(おい)怒って去っていったマコト君。
雨宮が会社で話しかけても無視するばかりで、
なんかちょっとヤな感じ。
一方、雨宮が元気ないのが気になる部長。
やっぱ部長は雨宮が気になって気になって仕方ないんですね~♪

マコト君が香港に出張に行ってる間、現場の倉庫に閉じ込められたアホ宮(笑)。
社員総出で行方不明の雨宮を捜します。
ようやく部長と二ツ木サンと山田姐さんが鍵を開けてくれたのですが、
雨宮と再会した部長・・・
なんと!思わず雨宮を抱きしめたではありませんかっ!
ま、再会して開口一番「2万4580円(返せ)」っていうのは照れ隠し?
部長って、好きな人をヒシと抱きしめるってイメージじゃなかったので、
それもこれも、雨宮の存在が部長を変えたのかなぁなんて思ったり。
やっぱ部長と雨宮っていいなぁ♪

香港から帰ったマコト君は、神宮司要(なぜフルネーム?/笑)に促されて
雨宮の家へ。
が、そこで見たものは、2人仲良くじゃれあう部長と雨宮・・・。オーマイガッ!
マコト君を家に入れ、事情を話す部長。
「部長は蛍さんのこと、どう思っているんですか」とマコト君に問われ、
「雨宮は君の女だ。それを忘れたことはない」と返す部長。
え?
それって、答えになってますか?
「ホントは好きだけど君の女だから諦める」
って聞こえたんですけど?(笑
それでも納得のいかないマコト君は、家を出て行くのですが、
追いかけてきた雨宮の真剣な表情に動かされ、
「すぐにあの家を出て、一緒に住もう」と雨宮に告げたのでした。

荷造りをする雨宮は楽しげですが、
ふとしたときに蘇る部長との楽しかった生活、アホなやり取り・・・(笑
雨宮の表情がさびしいって云ってるんですよね。
同じように、部長の方もさびしげ・・・。
雨宮が部長の家を去った後は、区画整理のため家は取り壊されるとか。
そっかぁ。寝転んだ縁側も花火をした庭もなくなっちゃうんだね・・・
何とか荷造りを終え、部長の家から涙ボロボロで巣立っていく雨宮。
サヨナラぶちょおぉぉぉ!

ただ、巣立っていくときもジャージってどーなのよっ!




ホタヒカ第八夜。
あ~あ・・・となっちゃったラストではありましたが、
それはまぁ置いといて。

まずは、部長ですよ、部長!
雨宮の真似をしてジャージをはき、前髪ゴムで結んで縁側にゴロン。
足で雑誌を引き寄せ、お尻をボリボリ・・・
これぞ干物男!ぶはっ!
似合わん!ぜーーったい部長には似合わん!
ま、確かに慣れるとカワイイかもぉぉ!って、少しは思いましたけどね(^^;

で、本題です(^^;
ちょっとした手違いで(手違いなのか)、マコト君に一緒に暮らそうと云われ、
二つ返事でOKしちゃった雨宮。
いろいろ悩んでたみたいだけど、やっぱり自分のことをカミングアウトすることに。
家に帰ると穴の開いたジャージ姿でいることなど、
普段の自分の生態(笑)を、洗いざらいマコト君に話します。
それも携帯で!
それでも、マコト君は一応理解をしてくれました(実物見てないしね)。
2人の暮らす新居を密かに探し、そのマンションの一室に雨宮を連れてきて、
「君が気に入るような縁側を見つけてあげたかった・・」って、
うわー、マコト君、何てイイ人なんでしょう!
まさに向かうところ敵ナシのラブラブモード突入か?
が。
物事はトントントンとうまく進んではくれないようで。
いつものジャージ姿のまま、ちょっと外へ出た際、鍵を失くした雨宮。
休日出勤している部長に鍵をもらおうと、何と着のみ着のままの姿で会社へきた!
いくらなんでもその格好で会社へきちゃうってどうよ!
雨宮らしいっちゃらしいけれど・・・。
何とか部長に会えたものの、あの展開でいったら当然のように、
マコト君に穴あきジャージ姿をしっかりと見られちゃいます。
怒ったような表情で去っていくマコト君・・・ありゃ・・・
ジャージ姿に怒ったのか、
それとも部長と親しげにしてるところを見て怒ったのかはわかりませんが、
マコト君が怒ってしまったのは事実のようです。
ただ個人的に、それだけのことで怒るっていうマコト君の心の狭さには
ちょっと失望というか、ちっさい男だなぁ・・・なんて(^^;

まぁね。
2人のことはあんまり気にしてません。
気持ちがすれ違っても、ちゃんと元サヤに収まるでしょうしね。
それよりも!
二ツ木サンと山田姐さんの2ショットの方が気になって仕方ありません。
一体2人で何話してたんでしょう???

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。