上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
年末の忙しい中、大掃除も年賀状も済ませ、
ちょっとゲームやってます。
あとは買い物くらいだしね・・・。

前回の続き、セシル、ローザ、リディア、ギルバートの4人で、
「ポムスの山」を越え、「ファブール」へ向かいます。
行けー!風のクリスタルを死守するのだー!
といっても。
はっきりいって、ヨワヨワのローザ嬢とギル様が不安のタネ。
セシルとゆかいな仲間たち(笑)、無事にクリスタルを守れるのか・・・。

ネタバレプレイ日記は追記から。
... 続きを読む
スポンサーサイト
FF4プレイ日記、その2を。
ゆっくりのマイペースで、旅してます。

FF4がSFCで出たのは16年前。
当時はSFCもFF4も弟の所有物。
FF4は弟がバイトなんかでいないときに借りてやってました。
ところが。
自分がクリアする前に、弟が勝手に友達に貸しやがった!
「コラーッ!今すぐ返してもらえーーーっ!!!」
姉の理不尽な怒りに恐れをなした弟が、
血相を変えてすぐ返してもらってきたことが走馬灯のように・・・(笑)

そんなこんなで、ネタバレプレイ日記は追記から。
今回は、「地下水脈からアントリオン討伐、そしてローザがお仲間になるまで」
を旅してます。

... 続きを読む
少し気分を変えたくて、テンプレートを変えました。
前のオレンジも気に入ってたのだけれど、
こっちも落ち着いていて好みな感じ。
テンプレートを作った方は同じ方ですので、雰囲気は似た感じですが、
文章が表示される部分がノートの1ページみたいで、
読むときに読みやすそうだなぁって。
写真や絵よりも字数が多いブログなので、
読みやすい方がいいですし。

土曜日からぼちぼちと掃除を始めてます。
クリスマスよりも掃除、です。
土曜日はあんまり天気がよくなかったので、
冷蔵庫、ガスレンジ、換気扇などのキッチンと風呂、トイレなどの水まわり。
昨日はベランダの窓やリビングや他の部屋。
今日はお天気いいので、シーツやら布団カバーやら大物を洗濯。
うわー、しっかり主婦じゃん!
午後から美容院の予約もしていて、
なんだかんだで忙しい・・・。
そーいや、年賀状は年賀状は年賀状は!

まずい、忘れてた。
やっぱりクリスマスどころじゃない!
とかいいつつ、
冷蔵庫にはステーキ用のお肉と、サラダに使う赤(トマト)と緑(ピーマン)のサルサソース、
普段買わないような大きな海老が入ってたり・・・
そんな12月24日。

12月20日発売のFF4(DS版)のプレイ日記でも。

ブログでは、FF12インタのプレイ日記を書いてましたが、
ん~、なぜか途中で止まってしまいまして・・・。
ホントはそちらもやりたいのです、気持ち的には。
トライアルでジャッジマスター5人と戦いたい、という夢は
今も捨てておりません!
が、しばしFF4の旅をしてきます。
昔の余韻を思い出しつつ、新しいイベントにドキドキワクワク、
今度は何とかエンディングを迎えるまでがんばりたいと!(決意はしておく)

で。
もちろんネタバレしまくりですので、ネタバレOKなら追記の方へ。
... 続きを読む
8話は、「エピソード0」。
要するに、エピソード1より前の話ってことですね(まんまです)。
事件発生の14ヶ月前から事件発生2日前までの話に遡って、
井上の警察学校時代、警護四係に合流、
特殊な力をちょっとずつ発揮しながら警護を遂行していくまでの話。
そしてラストは、
テロリストたちにメールや電話で情報を漏らしていた黒幕がわかり、
1月からのラストエピソードに繋がるのかなぁと。
ちなみに、全11回だから、最終回は1月26日だそう。

今回、警察学校時代のSP訓練とか、
井上(岡田准一クン)が、
ドラフト1位の特別待遇で警護四係に入ったとか、
警護四係でのモモレンジャー笹本とキレンジャー山本のやり取りとか、
面白いところはたくさんあったのですが、
自分は何といっても選曲にうっきゃー!となりました。
警察学校で尾形(堤真一サン)と井上が
初めて会ったとき流れてたのがラヴェルの「亡き王女のためのパヴァーヌ」。
高校時代、吹奏楽部でホルンやってた自分は、
定期演奏会でソロやったのがこの曲でした。
ホルンって、吹奏楽ではあまり目立たない・・・っていうか
マーチではパーカスといっしょに裏打ち専門だったり、
ポップな曲やクラシックでもいいメロディは全部サックスにもってかれたりと
いいところがないのです。
ところが、この「亡き王女のためのパヴァーヌ」はホルンソロがメイン!
高音の美しい旋律でゆったりと切なく吹くのですが、
演奏会だし、初のソロだし、めちゃくちゃ緊張して、
胃壊して、睡眠不足で、ヘロヘロになって・・・
で。
本番、見事に失敗・・・orz
もう永遠に忘れられない曲です、パヴァーヌ。
というか、トラウマです!
あと、ラストエピソードに向けて流れていたのって、
「カルビナ・ブラーナ」ですよね。
ついにラストエピがキターッて感じでゾクゾクしました。

そのラストエピソード。
メールや電話で情報流してたのは・・・尾形の上司かぃっ!
前回、
柔和な顔して尾形に「今は上の命令に従っておいたほうがいい」とか
忠告してたよなぁ・・・。
井上の同期の田中君が怪しいとか思ってたけど、見事にハズレ!
ん~、上司が黒幕ってことを尾形が気づくとどうなるのだろう・・・。
次回からのラストエピソード、楽しみです。

そういえば。
エキストラって、どれくらいいるのでしょう。
応募はしなかったけど、
今頃東京ビッグサイトでは、撮影とかしてるのかな?
天気悪いけど・・・
2007.12.21 記念日
昨日、12月20日は結婚記念日でしたv
といっても。
毎年毎年、過ぎてから気づくという、
あってもないような記念日ですが(おい)。

でも、今年はブログを書き始めたせいか、
おざなりになってた記念日を意識するようになったのです。
いつも贈り物なんて買ったりしないのだけど、
せっかく記念日より前に気づいたんだし、
ちょっと何か贈ろうと思って、昨日仕事の帰りに手袋を買いました。
朝会社行くとき寒そうだなぁと思ってたしね。
買ったのは、レザーの黒い手袋。
どんなのかっていうと、
よくテレビドラマで、殺人事件の犯人が
人を殺そうとしてるときにはめてるヤツ。(どーん!)
その云い方もどうかと思うけどね(^^;
ダーク系のスーツが多いから、似合うかなぁと思って買いました。

で。
ダンナ帰宅。
夕飯も食べずに「GT5プロローグ」を絶賛プレイ中のダンナに早速渡してみた。
「はい、コレ」
「何?」(レース中だから、こっちを見ようとしない)
「記念日だし、手寒そうだし、手袋買ってみたんだけど」
「手袋?」(メインスタンド前を320km/hで爆走中)
「そう。だって、朝寒そうだし」
「手袋はしねぇよ。」(え?)
ダンナの車は、トップでフィニッシュ!
賞金をもらって落ち着いたらしい。
夕飯を食べ始める。
沈黙・・・・・・・orz

まぁね。
ちゃんと欲しいものを聞いてから買うべきだったね、うん。

いいさいいさ。
自分にはちゃんとFF4(DS版)買ってきたから。
ただね。
FF4のオープニングムービー見て、「すげー!」って鳥肌立ててる横で、
ダンナがGT5プロローグをプレイするわけですよ。
いい加減ウィーーーンっていうエンジン音が耳につくんですよ!
DSだからこっちが場所を移動すればいいことだけど、
あったかいリビングを移動するのはイやーっ!

そんな記念日でした。
12月から始めたブログパーツ「グリムス」ですが、
ようやく枝分かれして、緑の葉っぱ出てきましたっ!
まだちょっとさびしいけどね。
この後、どんな木に育つのか、
子供の成長見るみたいで楽しみです!(いや違うから)

ブログの内容によって、いろいろ木の種類が違うそうだから、
どうしよう・・・うねうねと蔦とか出てきたら・・・。
どうしよう・・・柳の木だったら・・・。
どうしよう・・・すぐ枯れちゃったら・・・。

理想は、「この~木何の木、気になる木~♪」みたいな木!
あのこんもりとした葉っぱがいいなぁ。
それか、もみの木みたいな木・・・クリスマスだしね。
で、クリスマス終わっちゃったら、松の木になるとか?(なわけないない

ブログ更新しないと成長しないっていうのは、
結構プレッシャーだったりするのですが、
ぼちぼちとがんばってみます。
「スワンの馬鹿~こづかい3万円の恋」も最終回を迎えました。
前回はちょっと見逃してしまいましたが。

で。
スワニーこと諏訪野大輔(上川隆也サン)はラストもがんばってましたねー。
出て行った妻に会いにいき、土下座までしたりね。
何だか痛々しかったけど。
誤解なんだから、でーんと構えてればいいとは思うけど、
一度おでんの屋台で一緒に飲んじゃったしね。
ちょっとだけど後ろめたい気持ちがあるから仕方ないやね・・・。
でも。
髪型変えたのに気づかないって夫って、
世の中すごい多いと思いますよ。
現にうちのスワンはまったく気づきません!
「少しは気づいたら?」って嫌味を云うと、
「ヤだなぁ。とっくに気づいてるに決まってるじゃないかー!(汗)」
とかウソ云いだす始末(笑)

結局絢菜は仕事辞めて田舎へ帰る!とか云いだすし、
川瀬(成宮寛貴クン)はホントはいい人だったし、
出て行った妻も娘も帰ってきて、
いやー、めでたしめでたしで終わりました。
スワニー、振り回されてただけっていう話も無きにしも非ず。
こづかい3万円だからこう苦労するとか、こういう使い方をするとか、
そういう話は薄かったような気もしますが、
一人のサラリーマンが、
仕事やら家庭やらでいろいろと足掻く姿は見れたんじゃないかな、と。
絢菜とのほのかな恋はオマケかな。
いろいろツッコミたい部分はあれど、
ハッピーエンドで終わってよかったよかった。

でもひとつ心残り。
スワニーのお風呂シーン、最終回でも見たかったなぁ(笑)


「爆ぜる 後編」、ガリレオの最終回。

最終回としては、ま、無難に終わらせましたね、
事件の方も、湯川と薫の関係も
自分としては、やはり第1回の「燃える」が一番インパクトがあってよかったなぁ。
毎回毎回それ以上の話を期待していたのですが、
最後まで「燃える」を超えた話はなかった気がします・・・。
だってレッドマーキュリーがショボかっt・・・(笑)
2人の関係は映画まで引っ張るのでしょうかね???

今回は、湯川(福山雅治サン)の恩師、木島との師弟対決。
事件の真相に近づいた湯川を研究室に呼んだ木島が、
研究室に爆弾をセットしていたというのもビックリでしたが、
その爆弾装置に薫(柴咲コウさん)が括り付けられてたからまたビックリ!
爆弾装置はデカすぎだし、その割りにオモチャっぽいし、ナンだ、あれは!
そうか、あれが木島の開発した核爆弾(?)の
レッドマーキュリーか!(ちょっと失笑)
木島によると、夜中の12時までに数式(?)を解いて、
爆弾の起爆装置を解除しないと、
東京半分が壊滅する・・・らしい(木島センセイ、またずいぶんと大胆な・・・)
数式やら数字の羅列やら、観てる側からすると全くわからない画面を見ながら、
次々と解いていく湯川ですが、
最後の最後で・・・諦めたらしい。
薫に「好きな色は?」と聞いて、「ピンク」と答える薫。
時限爆弾の起爆配線コードっていったら、
ここは赤か青かでしょう、と思ってたら、
ちゃんと真ん中にピンクの線があったというオチ。
非論理的なことを批判する湯川が、非論理的な「勘」に負けた瞬間。
でも、その勘が聖夜の東京を救ったんだから、
恐るべし、薫の勘
生か死か、極限状態に置かれた男女っていうのは、
恋が芽生えるのがセオリーなんでしょ?
なら・・・ようやく芽生えちゃったかもしれないですね。

そういえば。
木島はその後、どうなったんでしょう。
何も描かれなかったですね。
薫の事件報告もなかった気がします。
あの後、あっさり逮捕されてたら・・・ちょっとガッカリ。
自首でも同様。
どうせなら、自分の家を謎の爆発で爆破させ、姿を消してたりしないかなぁ。
で、「また会おう、湯川くん」とかなんとか書いた葉書が届いたり。
くあっ、どっかで見たなぁ、そんなありがちな結末(笑

どうでもいい余談。
木島が研究していたという小型核爆弾「レッドマーキュリー」。
「レッドマーキュリー」って、円形小型水爆の名前でそういうのがあるらしいですが
現実にあるのかどうか。
確かにドラマの中で、円形だったような気がします。
ナンにせよ、名前がカッコよくて気に入りました。
「マーキュリー」って「水星」って意味だそうな。
え?直訳すると「赤い水星」ってことですか?
「水星」って字を「彗星」に変えたくなるのは・・・なんでだろう?(笑)

エピソード3の3話目ですが、
え?これでこのエピソード終わらせちゃいますか?
何だか全てが虚しかった3話目でした。

マルタイ、大橋正一(片桐仁サン)を狙って、
殺し屋グループの残った2人、ジョンとリンゴが行動を開始。
駐車場に止まっている大橋らの乗る車の下にプラスチック爆弾を仕掛けてみたり。
結局、車の爆破は井上(岡田准一クン)の機転で未然に防いだワケですが、
井上くん、爆発物処理もできるんスかーーー!
この辺の何でもアリ設定には「うそ~!」と思ったのですが、
音声解説によると、理由があるそうで。
1話で井上の自室が映るシーンがあって、
「科学兵器テロ」とか「バイオテロ」の本がズラリとあるって設定だったそうですね。
だから爆発物処理にも詳しい、と。そういうことっスか。
ただ、そういう伏線っぽいシーンをカットしちゃうと、
観ている方は「あれ?そんなこともできたっけ?」となって、
そのシーンに共感できないんですよね。
爆発物にも詳しいって設定をカットするなら、
セリフ等で「爆発物に詳しい」ってことをフォローするとかね、
やってほしかったです、なぞなぞとかやってないで。

警護要員の増員を要望しに本庁へ登庁した尾形(堤真一サン)ですが、
上層部の会議に呼ばれ、大橋の警護解除を言い渡されてしまいます。
いつもながら上層部のご都合優先主義に、怒りを露わにする尾形。
「目の前に殺されるとわかっている人間を前にして、
知らないふりをして立ち去れというんですか!」
このあたり、尾形が「踊る」の室井さんに見えて仕方なかったです。
ただ、室井管理官の場合は上の命令無視しましたが、
尾形の場合は、無念ではあるけれど従うほかないんですよね・・・虚しい。

ホテルで、大橋にSPが警護を外れることを告げる尾形。
「ボクに死ねっていってるのぉ!それって死ねってことだろう!」
必死な大橋が虚しい・・・。
「だったら何故法を犯した!」
いつになく激昂する尾形。
きっと心では泣いてるに違いない。
これも虚しい・・・。
尾形とすれ違いに、大橋の元へ向かうジョンとリンゴの車。
大橋のその後は描かれなかったけれど、想像するのは容易い。
それもまた虚しい。

デスクに戻り、自分の「象徴」を机上に並べる尾形の元へ、
石田が山本が笹本が井上が戻ってくる。
終始無言のシーンだけれど、
「俺たちの仕事って何なんだよ!」って叫びが聞こえるような気がしました。

ん~、予想外の展開だっただけに、
観終わったあとの虚無感はなんともいえず・・・

次回予告で、初回に出てきた坊主頭のテロリストが出たときは
ふおおおっ!ってまたドキドキしたけどね。
昨日、仕事から帰ったと同時に荷物が届きました。
どっかで、帰ってきたとこ、見てたんじゃないかっていうタイミングに、
ちょっとビビる。

ま、それはいいとして。
届いたのが、これ、「GT5プロローグ」。
「プロローグ」なので、まだ完全版じゃないらしいですが(←よくわかってない)、
それでもダンナがずーーーっと待ってたもの。
これをやるためにPS3を早くから購入したんだよなぁ・・・。

グランツーリスモ 5 プロローグ 特典 特製ステッカー付きグランツーリスモ 5 プロローグ 特典 特製ステッカー付き
(2007/12/13)
PLAYSTATION 3

商品詳細を見る


で、自分が買ったものではなく、ダンナが買ったものなので、
とりあえず箱は開けずに置いておきました。
すると、これも届くのを見計らったかのようにダンナから電話。
これにもビビる・・・。

「ねぇ、届いた?」
「うん、何か届いた」
「それ、俺んだから」
「知ってる」
「GT5プロローグだから」
「だと思った」
「開けてもいいよ」
「え、いいの?(ワクワク)」
「いいよ。いいけど・・・中身触るな!
なんだ、箱開けるだけかい!
というより、箱開けとけ、と?

中身は触るなと云われたので、
特典とかいう「オリジナルステッカー」を眺めてみた。
「GT」のロゴマークと「GRAN TURISMO」のタイトルがいくつもいくつも・・・。
あのぉ、ステッカーって・・・どうすんの、これ。
っていうか、どこに貼れ、と?
何か、もうちょっと・・・・・・いや、なんでもないです。

昨日は残業で、今日も休日出勤しているダンナは、
あれほど待ち焦がれていたゲームなのに、
まだ30分ほどしかプレイしてません。
心なしか、ゲームやりながら無言でボーッとしてます。
感動とか感嘆とかないのか?
待ちすぎて、いざ発売されたら気が抜けたってやつ?
まだプロローグが発売されただけじゃないかっ!
・・・この先不安がよぎります。
FIFAサッカークラブチームW杯準決勝「ACミラン×浦和レッズ」

結果は、1-0で、ヨーロッパ王者の勝ち。
そりゃやっぱミランはスゴカッタ!

前半見ていて、正直よく0点に抑えたなぁ、と。
相手は世界のスーパースターですよ。
2点くらい取られてもおかしくないような展開でしたが、
都築も阿部もがんばってカットしてた!
後半始まっても終始ボールはミランが支配。
だって、ほとんどフィールドの右半分しか映ってないし!
っていうか、ミランのスピードが速すぎ!
カカ、ピルロ、ジラルディーニにはもう速すぎて圧倒されっぱなし。

それでも・・・
後半23分にゴールされるまで、チラと夢見てました。
このまま0-0で終わんないかなぁ・・・(引き分けかい
間違って勝ったりしないかなぁ・・・(間違いでいいのかい
そんな夢も、カカがアシストしたセードルフのゴールで敢えなく粉砕
1-0で負けちゃいました。

でもね。
負けはしたけど、いい試合だったと思います。
あのACミランを本気モードにさせたんだから、
すごいやね(^^)
試合後のカカへのインタビューは、
無理やりレッズのことを云わせたみたいで
ちょっと残念っていうかガッカリでしたが、
カカも「浦和はいいチームだ」って云ってくれたのが救いかな。
インタビュアー、もっといい質問をしてくれ!

まだ3位決定戦があるわけで。
もしかしたら、世界のクラブチームで3位になるかもしれない!
おおおっ!目指せ、世界の3位ぃ!!!
夕飯食べた後、
なんか身体が熱いなぁと思ってたのですが、
風邪で熱っぽい感じではなく・・・。

そうこうしてたら、急にきた!
首の辺りが痒くなって、
次におなか・・・で、内腿・・・。
あ・・・・この感じはマズイ、蕁麻疹だ・・・orz
見る間に痒いところが地図状になってきて、
身体のいたるところが斑模様だよ!

写真でも撮ってブログに載せてみようかと一瞬思ったのですが、
あまりにもちょっとアレなので、やめました。

夕飯に食べたものがよくなかったか、
それともストレスとか疲れとか。
薬疹が出やすい体質とはいえ、
薬は最近飲んでないし・・・。
原因不明なのがちょっと気味悪い。

でも今は治まってるから、ま、いいや!(いいのか)
今回の前編・次回の後編で最終回を迎えるガリレオ。
あともう1回で終わってしまうのが残念です・・・。

といっても、来年、ドラマの続編として
映画「容疑者Xの献身」(原作:東野圭吾)が公開決定だそうです。
個人的に思ったのですが、続編ということなら、
ドラマの最終回にいくつか映画に繋がる伏線があると面白いのになぁと。
あと、スポーツから彫刻、料理の腕まで披露してくれた湯川センセイが
映画ではどんなスゴイことを披露してくれるのか、
そっちの方も楽しみだったりして・・・。
来年もまだまだガリレる(意味不明~v)のが嬉しいです。

さて。
今回のゲストは久米宏サン。
福山雅治サンたっての希望で、出演が叶ったそうです。
役柄は帝都大学原子力工学科の木島元教授。
前編を見た限りでは、助手の栗林が
「いやなことは思い出されない方がいい」とか
「人生にはさっさと忘れた方がいいということもある」とか
湯川とやたら因縁があるかのように云ってましたが、
どうやら湯川の恩師らしいです。
なので、今回の件は湯川の表情が冴えない。
それを心配した薫(柴咲コウさん)、思わず本音が・・・。
「湯川センセイがそんな顔してると、気になって仕方ありません!
ハイ、これって、ほぼ告白ですね。
「貴方のことが気になって仕方ない」って云ってるようなもんですから。
最終回は湯川の方から何らかのアクションがあるのか、
それともテキトーにはぐらかして終わるのか、
事件解決することとはまた別の楽しみです。

今回のデスマスクを作る実験。
人工雷で衝撃波を作ってマネキンの顔にアルミ板を貼り付けるってのは、
結構大掛かりでドキドキしました。
次回も見ている方をあっと云わせるような実験、
そして最終回に相応しいラストを期待してます♪
2007.12.11 疲(バテ)る
ちょびっと、某物理学者のドラマ風につぶやいてみました・・・えへv

・・・って、そんな「えへv」とか云ってる場合じゃない。
月曜から残業って、ひどくない?課長さんっ!
急いで帰ってみれば、もうダンナとか帰ってるし、
勝手に晩酌して「ツマミないの?」とか云ってるし、
お醤油切らしてて、慌ててスーパー行かなきゃいけないし、
スーパーに着いたら「お酒も追加で買ってきて」とか電話かけてくるし、
なんかもー疲れた!
まだ月曜なのに・・・

おかげで「セパハン×レッズ」の前半、見逃したじゃないかっ!
ま、勝ったからいいけどさっ!
どーせなら永井のゴールはリアルで見たかったな!
とりあえず、13日のACミラン戦はちゃんと最初から見なきゃ。

それにしても、
闘莉王の髪、いつからあんなになっちゃったの?
新しい外人さんかと思っちゃったよ!(笑)

あ、もたもた書いてたら、日付変わっちゃった・・・

SP6話はエピソード3-2、中盤です。
今回も24時間体制でマルタイ、大橋(片桐仁サン)の警護が続きます。
前回同様、大橋のヒルズ族っぽいワガママぶりが炸裂。
ノートパソコン買ってこいとか、脱走しようとしたりとか、
プールに入りたいとか、今すぐ家に帰りたいとか、
もう云いたい放題。
で、夜になると妻子の写真見てメソメソ泣くんですよね・・・。
布団かぶって
追い詰められると、人間こんな風に心が壊れていくのかなぁ。
これ見ると、間違ってもマルタイにはなりたくないなぁなんて思います。
万が一でもないことですが。
あ、でも。
SPが井上(岡田准一クン)だったら護られたいかも~v
尾形(堤真一サン)に「命を懸けて護ります」って云ってもらいたいかも~v
(妄想中、妄想中・・・)

今回の見所は、ずばりエレベーター内のアクション!
これに尽きるのではないでしょうか。
今度は韓国人に変装したポール(えせヨン様っぽい)・ジョージと、
乗り合わせた尾形・井上の肉体アクション!!!
もうね、ヨン様(だから違うって)以外、同じようなダークスーツきてるから
誰が誰だかわかんないって!
それにしても、堤サンと岡田クンがカッコよかったーーーっ!
ジョージを取り押さえた井上が
「手錠貸してもらえないっスよね」
「いー加減にしないと減俸だぞ」
って尾形に怒られるのがまたお約束って感じでツボでした(^^;

それと。
SPの公式で本広さんや金城さん、高井さんらの音声解説が聞けるのですが、
今回初めて聞いてみました。
いつも長いから聞くのためらってたのですが(1回が45分!)、
いやー、面白かったー!
でも2回、3回とまとめて聞くもんじゃないね・・・夜が明けちゃうよ。
自分が似たような世代だからかもしれないですが、
ゴレンジャーとかガンダムとか一休さんの話が出てきて笑える~。
SPのメンバーをゴレンジャーにたとえて、
アカレンジャーが尾形、
アオレンジャーが井上、
キレンジャーが山本、
ミドレンジャーが石田、
モモレンジャーが笹本、っていう話はもう・・・まんまじゃん!  
それと、プールで大橋が泳ぐシーン。
大橋とテロリスト(?)の水着とかキャップが同じ色だから、
どっちがどっちだかわかんないとか。
大橋の方だけガンダムカラー(黄と赤)にしとけばよかった、とか(笑
手前で泳ぐ方をザクカラーにしておけ、とかもう大笑い!
あと、気になる発言もしてました。
ラスト、尾形が去っていくシーン。
あれはダースベイダーを意識したシーンとか?
それって・・・意味深発言・・・今後が気になります。

エキストラも募集してましたね。
12月21日から25日まで。
場所は東京ビッグサイト。
18歳以上の男女!
じゃ、応募しなきゃ!
マジで行きたいけどなぁ・・・。
途中退場不可って書いてあるし、
体力的に5時間ぶっ通しは・・・ムリだよなぁ。
2007.12.08 至福のとき
20071208222648
久々に携帯からエントリー。

ケーキです!
しかも丸いヤツ!
まぁ大きさは、一番ちっさいヤツですが、
食べたときのシアワセ感はまた格別なものがありました♪

今週はちょっと忙しかったし、
昨日はちょっとした臨時収入があったしね。
ま、たまにはいいよね~♪

丸々一個食べたのか、っていうツッコミはなしで・・・。
残りは明日のデザートです(^^)


FF4(NDS)の発売が迫っていますが(12/20)、
スクウェアエニックスの公式で店頭PVが公開されていたので
PCにかぶりつきで見てきました。

いやー、良かったです!
何度見てもジーンとくる。
それまで公開されていたトレイラーって、
BGMだけで歌は入ってなかったみたいですが、
今回は伊田恵美さんの歌、「月の明り」がしっかりとバックに流れています。
もうね、歌が泣ける・・・(;;)
ストーリーを切なく感動的に盛り上げてくれそうな・・・予感。
FFシリーズの中でも、シナリオは秀逸、感動的な場面が多いFF4。
フルリメイク、イベントシーンはフルボイス、追加エピソードなどなど
いろいろ楽しみなゲームです。
ただ・・・。
これだけ音楽とムービーに力入れてるなら、
せめてPSPでやってよ!(もう遅い)

で。
店頭PV自体長めでしたので、それぞれのキャラがたくさん喋ってます。
といっても、セシルとローザの声優さんはあまり知らない方だったので
よくわかりませんでしたが(おい)、
カイン役の山寺宏一サン、渋くてカッコよすぎー!(いや、カッコつけすぎ?)
パロムとポロムはカワイイし、
ゴルベーザの鹿賀丈史サンも意外と合ってるー!
もうちょっとオヤジたちの声を聞きたかったような気もしますが、
それはゲーム出てからのお楽しみにします。

ゲーム中、ムービーで綺麗な月とか見れるのかなぁ。

月の明り-ファイナルファンタジーIV 愛のテーマ-(DVD付)月の明り-ファイナルファンタジーIV 愛のテーマ-(DVD付)
(2007/12/05)
伊田恵美

商品詳細を見る
2007.12.05 あれれ・・・
スワンの馬鹿も、8話まできましたが、
なんかこう盛り上がりが・・・・・・・ない?
毎回スワニーこと諏訪野大輔(上川隆也サン)だけはがんばってるのにね。
水面下でいろいろもがいてるのが、スワニーだけだから?
なのに異常なくらいモテてるし?
(そのモテ具合が共感できないんじゃないかと・・・)

絢菜が絡んだ展開もなんだか無理やりって感じが否めません。
前回、絢菜が「福島へ一緒に行ってください」ってスワニーに頼んだことも
展開を盛り上げようとした感がありありと見えてちょっと興ざめ。
結局もったいぶっておきながら、
「自分が変わりたい。そのために、(一人で)福島へ行ってきます」
と自己解決しちゃって、スワニーや時田を振り回しただけに見えます。
せっかく「SBF作戦(諏訪野ちゃんを無事に福島まで行かせる作戦)」
まで計画したのにね・・・。
絢菜はスワニーに、
亡くなった父親の姿を重ねていただけなのかもしれないですね。
恋とはまた別の感覚なんじゃないかと思います。
安心感というか、一緒にいるとホッとする、というか、犬みたいな?(笑
スワニーの気持ちはどうなるのでしょう。
ここまで頼りにされると、やっぱ夢見ちゃうのかなぁ・・・。

一方で、川瀬(成宮寛貴クン)への誤解が解けはじめました(ようやくね)。
絢菜の父親の墓参りかなんかしたりして、
ここへきて川瀬の株急上昇?(遅すぎ・・)

絢菜との福島行きのため、アリバイ工作をしたスワニーですが、
予想通り妻の真澄にバレそうです。
チクチクネチネチ嫌味を云われるスワニーの姿が思い浮かびます。
次回のスワニーも、やっぱりがんばるんだろうなぁ、いろいろと
昨日とはうってかわって寒いです、今日!
北風ぴゅーぴゅー吹いてます、今日!
そして。
我が家の懐も寒いですっ!

給料もらって10日しかたってないのに、
何故だっ!

原因はいろいろありますが、
大きなものはコレ。
ダンナが支払い方法を間違えたから!
先月、車を車検に出したのですが、かかった費用が14万5500円!
車検については全てダンナ任せなので、
ディーラーに出かけていくのはダンナ一人。
自分はカード渡して支払い方法を伝えたのです。
「必ずボーナス払いでね」
ところが。
ヤツは普通に「翌月払い」にしてきたーっ!
もーなんてこと、なんてことっ!
うわーーーっ!
引き落としは明日だし、ボーナス前になんという手痛い出費!

それに加え・・・
ガソリン代は上がるわ、食品も値上がるわ、ついでに今月から家賃も上がるーーーっ!

あう・・・我が家に木枯らしが吹きすさぶ・・・
今回のゲストは釈由美子サン。
「ゲスト=犯人」っていうガリレオ的セオリーからすると、
前回の深キョンに続いて釈サンも「美しき殺人者」になるのかなぁと思いましたが、
ぜんっぜん違いましたね(^^;

役柄としては、被害者の料理研究家・美鈴の妹・千晶役。
美鈴が殺されたという犯行推定時刻の10分前に美鈴(らしき女性)を見たと証言。
その証言を奇妙に思った薫(柴咲コウさん)が、
いつものように捜査協力を湯川(福山雅治サン)のところに頼みに行きます。
最初は興味なさそうに、
趣味の料理(今度は料理か!)を研究室でしていた湯川ですが、
「目撃された場所と遺体が発見された場所は直線で30キロもあるんです」
っていう薫の言葉に、
「テレポーテーション・・・実に面白い!
と目がキラキラする(してないって)湯川・・・。
湯川センセイ、
「テレポーテーション」って言葉にツボっちゃったみたいです。

結局のところ、
種明かしは「テレポーテーション」でも何でもなく、
千晶が見たと証言した美鈴と思われる人物は、
千晶の先入観が生んだ思い込みで美鈴に見えただけでした。
でも、その目撃が真犯人を捕まえるヒントになったんだから、
千晶ちゃん、よかったですよねーということで。

今回は、湯川と薫のやり取りがスゴク楽しいー!
転落死した容疑者・小杉の部屋でオーディオセットを見つけ、
ヘッドホンを着けて何かヒラメイたときとか。
湯川「小杉の髪型はどんな髪型だ」
薫 「どんな・・・って」
湯川「長いのか短いのか」
薫 「丸刈りです」
湯川「そうか」
で、慌てて外へ飛び出していく湯川。
薫 「センセイ、靴っ!
あう・・・靴履けよぉ・・・
丸刈りじゃなくて、「アフロです」とかだったらウケるのにぃ!(ウソウソ)

で、ラスト。
研究室で湯川に捜査報告をしつつ、勝手に料理をする薫。
ピーマンをザクザクと大雑把に切ってたから、野菜炒めかと思ってましたが、
皿にボタボターっと盛り付けて・・・もしやそれは・・・
薫 「かんせーいv」
湯川「なんだソレは!」
薫 「チンジャオロースーでーすv」
あう・・・それはチンジャオロースーでしたか・・・。
一口食べた湯川の表情がよくわかりませんでしたが、
あれは「何でコレがうまいんだ?」って表情なのかなぁ。
「料理とは何たるべきか」ってことをエラそうに語った後だけに、
薫の「ザク切りチンジャオロースー」が意外にもおいしかったから
あんな表情だったのかなぁ。
イマイチわかりづらい顔でした。

来週は2話連続で最終回を迎えるようです。
残念だなぁ。
面白いドラマは終わるのが惜しいです。
SP5話はエピソードとしては3-1となる「重要参考人を警護せよ」です。
そういえば、オープニングに「エピソード3-1」と目立つように
大きく出るようになりましたね(いや、どーでもいいことですが・・・)。

今回の要人は、証券取引法違反事件で重要参考人となっている
シルバー証券の大橋正次(片桐仁サン)。
ちょっと裏の事情を知りすぎているということで
政治も絡んで異例の極秘警護(24時間体制)だそう。

大橋って男、お堅い証券会社の社員ということで、
気難しそうで眼鏡かけて七三分けで(ここでもか)
スーツをビシッと着こなして・・・ってイメージがありましたが、
全然違った!(眼鏡はかけてたけどね)
髪はロン毛でモシャモシャ(片桐さんだしね)、
服装も黄色のシャツに赤のパンツっていうエキセントリックな格好、
気難しいというより神経質そうでワガママな感じがして
お堅い要人よりコッチの方が全然面白そうです。
「やめろよぉ、狙撃されたらどーすんのよっ!」とか、
「いやだっ!もー逃げ回るのは疲れたんだっ!」とか、
「僕も海老原みたいに殺されっちゃうのかなぁあああ!」とか、
も、大好き、こういうワガママでお坊ちゃんなマルタイ(^^;

今回のエピソードは、機動警護班5人のチームワークが見所っぽいのが
いいですねー。
特に尾形係長(堤真一サン)がいつにも増して出番が多いというか、
カッコいいです。
逃げ回るのに憔悴し、SPにも警戒心を抱く大橋に対し、
「警護で一番大切なのは、相手に信頼してもらうことです。
 だから我々を信頼してください」
と諭すところは、ホント、カッコいいです。男前です!

で。
このワガママな要人を狙うテロリストが、
4人組の清掃員に扮した殺し屋グループ。
ニックネームなのかコードネームなのかわかりませんが、
リンゴ、ジョージ、ジョン、ポール・・・ときたら、あ、ビートルズか・・・。
今回は4人組のうちの2人(ジョージとポール)が行動を開始し、
大橋が泊まる部屋の隣に中国人に変装してチェックイン。
ジョージは完璧な変装とか云ってましたけど、
女装のポールはかなり怪しかったです(^^;
隣室を盗聴したり、まだ様子を伺うだけのジョージとポール。
次回からどう動いてくるのか楽しみです。

エピソードの序盤なので、井上(岡田准一クン)の活躍は
まだまだこれからといったところですかね・・・
尾形となぞなぞやってたところは、なんとも微笑ましく・・・
井上「切っても殺しても逮捕されないもの な~んだ」
尾形「
あぁ~、なるほど!

次回はエレベーター内での格闘シーンが予告でありましたが、
大きく動きそうな中盤にドキドキです。

面白いブログパーツはないかなぁ・・・
と探していたら、
なんと、自分のブログにピッタリのブログパーツを発見!
早速登録して、プラグインしてみました。

ブログを更新すると、木が育つらしい。
どんな木が育つのか、エントリー内容などによって違うらしい。
種類は3000以上、レアな木も出現するかもしれないらしい。
木が育つと、NGOを通して世界中に苗木を植えることができるらしい。
ブログ更新をサボると、木が小さくなるらしい。
「レア」って言葉に弱くって、興味をそそられます(^^;
がんばってレアな木を出現させたいなぁ・・・
とりあえず、
木を小さくしないよう、がんばることにします!

http://www.gremz.com/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。