上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバックテーマに投稿~!
今回は、第369回「あなたの親知らずに関するエピソード」


高校生のとき、左上の親知らずが外側に向いてしまって、
かなり痛むようになり、恐る恐る歯医者へ行きました。
歯医者へ行くまでは、「親知らず抜くと、熱が出る」とか、
「2日くらい腫れが引かない」とか、いろいろ脅されて(笑)たんですよ。
ところが。
その歯医者さん、すごく抜くのがウマイ!
しかも、イケメン!(ここ重要!
最初こそ、目の前にペンチとか大工道具みたいなものがズラッと並んで、
もう緊張しまくってたのですが、
イケメンの歯医者さんにいろいろ話しかけられ、
目はハートになり(笑)、緊張もすっかりほぐれました!
麻酔したあと、よくわからない道具でグイグイって四方から歯を押され、
ペンチで引っ張ったら、ポロッて簡単に抜けちゃいました!
もう簡単すぎてビックリですよ!ブラボーですよ!
で、抜いた後、歯医者さんにいわれました。
「右の方も、外側向いてるから、痛むと思うよ。
 左の抜いた傷がふさがったら、
 ついでに右も抜いちゃおうか?
それ聞いた私、
もちろん「ハイ、お願いします!」って頭下げたのはいうまでもありません(笑

恐るべし、イケメン歯医者!(笑
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。