上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ジョシュ・ハートネット主演のサスペンス映画(15禁なので注意です)。
DVDのパッケージだけを見たら、オーシャンズ何とかかと思った(^^;
まだ観てない方でこれから観ようと思ってる方、ネタバレは絶対読まない方がいいですよ。
じゃないと面白さは半減してしまいますから。
下の追記では、感想中心で肝心なところのネタバレはしておりません。
レンタルショップで、ディカプリオ主演の「ディパーテッド」の隣にあったのが
これ、「ラッキーナンバー7」です。
公開は2007年1月だそうですが、ぜんぜん知らなかった・・・。
出演の俳優陣はすごいですね。俳優さんの名前はわからなくても、
どっかで拝見したような顔がズラリ。
ジョシュを始め、ブルース・ウィルス、モーガン・フリーマン、
ベン・キングズレー、ルーシー・リュウ、スタンリー・トゥッチ。
何てゴージャスぅぅ!
パッケージ裏のあらすじもあまり読まず、
ジョシュの声優さんが自分が大好きな平田広明氏ってことで即レンタル決定。

ストーリーは、冒頭からまったくもって難解です。
始まって20分くらいまでバタバタと人が殺される。
しかも、何故殺されるのか、殺されたのは誰なのか、殺された人の関連性は?
もう謎だらけ。
殺人の描写もかなりリアル。
血飛沫は飛ぶ、殴られるシーンは思わず目を背けたくなる。
うーーん、何か食べながら見るのはおススメしないです(^^;
で、主人公のジョシュ演じる「スレヴン」が登場。
な ん と、タオル腰に巻いただけの半裸で しばしウロウロ。うっきゃー!
目の保養、目の保養!
話の方は、スレヴンが見舞われた不運な出来事を軸に、
後半は、謎だった冒頭の殺人の理由が思わぬ展開で明かされていきます。
それでもなかなか先が読めないのがこの映画の面白いところかも。
最後、バラバラのパズルがひとつになったときの何ともいえない爽快感!
ああああ、そうだったのかぁ~!

まだ観てない方のために、ラストはどうしたって云えませんが、
ラストは思わずホロリときました。
く~っ、泣かせるぜぃ!

観て損はしない映画だと思います。
た だ し。やっぱりお子様の前で観てはダメかと・・・(^^;

Secret

TrackBackURL
→http://midorinoha21.blog110.fc2.com/tb.php/11-fc9a2442
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。