上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.11.11 SP 2-1
録画しておいた「SP 2-1」を見ました。
今回は続き物っていうことを知らなかったのですが、
始まってタイトル流れた後、
さりげなく「Episode 2-1」って出てたのですよ!
もうホントにちっさく!
で、なぜ「2-1」?と思ってたら案の定、次週に続いちゃいましたー!
井上(岡田准一クン)の活躍は、次週まで待て!ってことですか・・・
ま、最初に訓練でのアクションは見れましたけどね。
車の上をダンダンッて飛び越えて、
犯人役を取り押さえるところはもう、前回同様カッコいいーーーー!
でもね、訓練だから、井上君!
犯人役、捕まえちゃダメだから!(笑
それにしても。
クラッと眩暈がしてフラッと倒れそうになる主人公、
しかもトラウマ持ちって・・・
どうみてもツボなんですけど!(笑

今回の井上は、笹本(真木よう子サン)と組んで、
加藤元総理が極秘で検査入院する際の身辺警護を担当。
尾形(堤真一サン)の上司が
「病院内で要人が襲われた例は一度もないので、ま、大丈夫でしょう」と
高を括っている間に、
テロリストたちが着々と病院を襲う計画を立てているのが皮肉です。
やっぱりどこの世界でも、
無能な上司の下だと部下が苦労するんですよね(笑

加藤元総理を無事病院の手術室に見送った後、
どことなく緩む井上と笹本。
昼食をどっちが先にとるかジャンケンなんかしたりして。
井上が昼食をとりに病院を出た入れ替わりに、テロリストたちが侵入。
計画通りに病院を次々と制圧し、残っていた笹本も捕われてしまいます。
病院を出た井上ですが、病院内に何かを感じ病院へ引き返すと、
敷地内の土の上に足跡を見つけ、
トラッキング(残された足跡から情報を得ること)によって
その足跡をつけた人物が「軍人のような歩き方」をするということを感じとり・・・
ってことで、次週へ続きます。
その気になる次週ですが、
井上君の眼鏡で白衣姿が見れます!(そこか!
いやいや、尾形の活躍がもっと見たいです!

このドラマは、音楽がスゴク効果的に使われてますよね。
テンポの良さが見ている側をゾクゾクさせる演出だったり、
今回みたいに、ブラームスの曲にのって、
テロリストたちが病院内を次々と制圧していく様子は、
映画の1シーンのようでした。

それから。
眩暈の原因を検査しに行け!と尾形にいわれた井上君。
その採血シーンを見てギャッ!となったのは云うまでもありません・・・(笑

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。