上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日「ハチクロ」と一緒に買ったのが
「皇国の守護者 5巻」です(←本来はこっちが目的)
4巻が発売されてから約1年、ようやく、よーーーやく5巻が発売です。
本屋で新刊コミックを探して探して、でも見当たらなくて、
平置きの棚をウロウロすること3回。
見覚えのある新城と剣牙虎・千早の顔が
どどーんと出ている表紙をよーやっと見つけました。
でも、なぜ表紙が赤いの?
いつもと違うからすぐに見つけられなかったじゃん!

皇国の守護者 5 (5) (ヤングジャンプ・コミックス・ウルトラ)皇国の守護者 5 (5) (ヤングジャンプ・コミックス・ウルトラ)
(2007/11/19)
佐藤 大輔、伊藤 悠 他

商品詳細を見る

そんなこんなで、感想は追記から・・・
いきなりこんなことを云うのはどうかと思いますが、
待ち望んだ5巻が最終巻になるなんて、本当に驚きでした。
とにかく残念・・・(;;)
意味もなく低俗な漫画が多い中、
この漫画ほど「内容が」面白いと思ったものはありません。
原作は読んでいませんが、
伊藤悠女史の骨太な作画も、
「内容の面白さ」を際立たせているのではと思います。

5巻では新キャラも登場してきました。
新城の友人の羽鳥って、何者?!
皇室魔導院っていうワクワクするような怪しげな機関に所属してるらしいけど、
羽鳥自身も怪しすぎだし!
新城の義兄・保胤とその仲間たち(いや、親王ですけど・・)の思惑は?
敵である帝国元帥ユーリア姫やカミンスキィ大佐はこれからどう動くのか?
義姉・蓮乃に対する新城の「想い」とか・・・
新展開か?と期待に胸膨らませつつ読み進めていったのに、
何で「完」なんですかぁぁぁ・・・。
あああ・・・北領侵攻のエピソードだけで終わってしまうなんて!
何かいろいろもったいなさすぎます。
保胤が云ってました、
「帝国の再侵攻を阻止する役目を直衛にやってもらう」って・・・。
それ、ちゃんと漫画で見たかったです。
というか、漫画で見せてください!(切望
新城直衛を「皇国の守護者」と呼ぶには、
エピソードが足りなさ過ぎる。
タイトルが霞んでしまうような気がします・・・orz
続編を切に希望です!

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。