上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ガリレオ7話は「予知(し)る」。
今回の話、珍しいことに薫(柴咲コウさん)からの依頼ではなく、
湯川(福山雅治サン)の助手・栗林からの依頼なんですね。
栗林さん、薫よりも若干目立っていたような・・・(若干かい!

で。
今回のゲスト、というか犯人は、深キョンこと深田恭子チャン。
可愛らしいけどちょっとキツそうな感じの人妻・静子役。
そのダンナ役・菅原に、
ドランクドラゴンの塚地(わかる人にはわかる塚ジョージ)。
ダンナ役といっても、浮気をたてに離婚され、
多額の慰謝料をふんだくられてる可哀相な役どころです。
相手が深キョンだからといって、
オイシイところは何ひとつない!

その慰謝料を払うことになった元凶の浮気ですが、
慰謝料が欲しいため、
どうやら静子(深キョン)が企てたことらしい。
さらに、慰謝料の額をつり上げるためなのか、
浮気相手の狂言自殺(狂言にはならなかったけど)まで企てちゃった。
結局、その狂言自殺が完全犯罪にほころびを作ることとなり、
悪巧みがバレることとなったのですが。

今回の湯川のビビビッときた(云いかた古っ!)物理学的なヒラメキですが。
狂言自殺に使われた装置のトリックに気づいたんですね。
電流を流すと、液体が固まるという変な液体(薬品?)があるとのこと。
専門的なことなので、名前もよくわかりませんでしたが、
その液体を使って薫で実験し、仮説を実証してくれました。

静子は逮捕され、金欲しさの犯行だったと取調べで薫に云ったらしい。
つくづく、欲はほどほどにしないとイカン、と思ったのでした。

ところで。
今回のスポーツはボクシング!
いやー、カッコよかったです。
あれ、スパーリングっていうのかなぁ?
リングの外で見ていた薫の顔が「惚れました!」って顔でしたね。
にま~っと、知らず知らずのうちににやけてるってヤツ。
でも、恋人っぽくいい感じになるというより、
仕事上のいいコンビになってほしい気もしました♪
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。