上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
年をまたいで、ドラマSPが再スタート。
エピソード4(たぶんラストエピソード)の1回目です。
アトリウムって、聞いたことあるけど何だったかなぁと思って、
ちょっと調べました。
ホテルとか、オフィスのロビーとか、マンションのエントランスなどに設けられた、
大きな中庭のことらしいです。
吹抜けになっていて、空間の上部がガラスだったりするのが一般的だそうな。
今回の警護の場所となる永正大学内のアトリウム、
しかも人がたくさん集まるってことだから、
警護しにくい場所ってことだよね?
エピソード4はラストエピソード(たぶんね)らしく、
ド派手に警護(どんな警護だ)を完遂するのを期待です!

20年前に井上(岡田准一クン)の両親を殺害して服役していた
山西(平田満サン)が出所。
一見、何の問題もないように思えるのですが、
目的のためになりを潜めていたのが不気味です。
山西を監視していた公安の田中が、山西の部屋に踏み込んだとき、
壁一面に麻田総理の写真や記事を貼ってるあることにゾゾゾって鳥肌立ちました。
しかも、よくストーカーがやるようなバラバラな貼り方ではなく、
律儀にきちんと貼ってるのが尚怖い。
底知れぬ粘着質と陰湿さがヒシヒシと伝わってきます。

山西のほかにも、麻田総理を狙うテロリストが2人。
SP1話で、井上と格闘した坊主頭のヤツね。
もう1人は顔はよくわからなかったけど、ライフルが得物らしい。
左目が義眼だったら萌えるのに・・・
傭兵出身のスナイパーだったら萌えるのに・・・(違/笑)
にしても、警護計画書がテロリストに全部洩れてるって、
あり得な~い!とか云ってみる。
情報を洩らしてる西島理事官って、一体何の得があるんだろう。
腐敗しきった上層部にメスを入れるとか、
英雄気取りの変な勘違いした人なのだろうか。
それとも何か私怨があるのかどうか、そこらへんも気になるところです。

ラストエピソードになってようやく気づく、
紅一点・笹本(真木よう子サン)の魅力(笑)。
山本と絡ませると最高ですね。
「お前は食欲のかたまりか!」
「お前は最っ高にスケールの小さい男だな!」
「(お前は)背後につけ!」
このセリフだけみても、
ドSの女王様とドMのブタさんみたい・・・(笑

そういえば!
今回は井上の活躍が少なかったーーー!!
合コンで撃沈したらしいってことだけ?
しかもそれって山本の呪い?
次回は特殊能力やアクションでガッツリ活躍してほしいですね!
尾形係長(堤真一サン)と一緒にぜひ・・・。

で、その次回ですが。
予告では、石田や笹本が撃たれてるショッキングなシーンが・・・。
恐らく井上の妄想(予知)なんじゃないかと予想してみるけど、
どうなるんでしょう・・・。
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。