上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エピソード4の2話目ですが。
サブタイトルが何と物騒なことか・・・
9話の予告で石田とか笹本が(ごめん、山本は気づかなかった)、
次々と撃たれるシーンがあったので、
「それってまた井上の妄想じゃないのぉ?」
なんて自分のブログでも書いたのですが、
それ、撤 回!
妄想じゃなくて、リアルだった・・・

ストーリーは、事件当日の警護準備から事件発生まで。
何だかもうね、すごい展開にぶっ飛びましたーーー!
ラストエピソードっていうだけある・・・。
麻田総理を狙う3人のテロリストたちがいよいよコトを起こします。
スナイパーは天井からライフルで総理を狙い、
坊主頭は井上(岡田准一クン)に目をつけられながらも凶器を持って会場をうろうろ、
山西は銃を持ってじわじわと総理に近づく。
そして。
麻田総理がライフルで胸を狙撃されるのですが、
それがナンとペイント弾!
が、それを合図に会場内は瞬く間にパニックに陥り、大混乱に!
坊主頭は井上と格闘になるのですが、
山西は混乱の中、
総理を護るSPたちを1人、また1人と撃ちながら総理に近づき・・・
うわーーー!
予告で見た衝撃のシーン、てっきり井上の妄想だと思っていたシーン、
リアルに撃たれるとは思ってなかっただけにショックでした。
でも。
SPって任務中は防弾チョッキって着てるよね・・・
だから大丈夫なんだよね・・・。
警護前に石田が子供の写真見ていたのが浮かんできて、それが切なかった・・・。

それと。
西島理事官がメールで呼んだ坊主頭とスナイパーの目的は、
ただ場を混乱させるってだけなんでしょうか。
少なくとも、総理を暗殺するというよりは、
場を混乱させて楽しむ愉快犯的なのか・・・。
西島理事官の意図は・・・・何?
山西を呼んだのは総理の秘書官っぽいですが、
総理の秘書官もクセ者っぽいし、何企ててるのかちょっと不気味です。
次回は、秘書官のこともいろいろわかるだろうし、
西島理事官のこともバレるのでしょうが(自殺してた人ってもしかして・・・)
早くスッキリしたいものです。

予告を見て、次回(最終回)も何だかスゴイことになりそうな・・・。
「こいつを護る理由なんて、何ひとつないだろう」(きっぱり)
山西が麻田に固執する理由が気になります。
井上、麻田、山西の3人が20年後にまた同じ場面にいようとは・・・
そしてこの場面に尾形係長(堤真一サン)もいるといいなぁ。
そうすれば、20年前、あの場にいた4人が顔を揃えることになるし。
井上は因縁の人・麻田総理を護ることができるのかーーー!
ってことで、次回がホントに待ち遠しいですっ!

どうでもいいことですが。
永正大学記念館の落成式典の様子ですが、
これが例のエキストラ募ってた東京ビックサイトロケなんですね・・・。
ロケの規模も映画並みってところがまたスゴイ!
お金かかってます。
やっぱ、次は映画化狙ってますか・・・?
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。