上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ハチクロ3話、「夏、花火と散った片思い」。
ハチクロのドラマの中では、季節はです!花火やってます!浴衣着てます!
関東では今日、が降ってめちゃくちゃ寒かったです。
ドラマの中の季節っていうのも、ちょっと考えてほしいなぁ・・・なんて。

いきなりですが・・・
3話で散ったか、竹本ーーー!
でも、てっきり前回で木端微塵になってたかと思ってたんですけど。
それって、とどめなのか・・・。
哀れすぎて、切なすぎる。まだ3話なのに!
仕方ない、潔く宇宙の塵となれーーー!(ひどすぎ)

3話は、はぐみ(成海璃子チャン)の気持ちが、
急激に森田(成宮寛貴クン)に傾いていって、
それを目の当たりにした竹本が大失恋!っていう話。

生田斗真クンの失恋シーンは、「花ざかりの君たちへ」の中津役で見ているものの、
今回の竹本は・・・・妙に切ない(;;)
中津のキャラは明るくて失恋しても笑って観てたんだけどね・・・。
竹本が全てを悟ってしまったときのセリフ、
「はぐちゃんが見ているのは、オレじゃない」
っていうのは、報われなさすぎで哀しい・・・。

ただ、自分としては漫画推奨派なので、
漫画で読んだ、キューンとくるような展開が少ないなぁって思います。
トキメキが感じられない・・・
キャハハって笑えるような展開がない・・・
ローマイヤ先輩が無駄に出すぎ・・・
次回が楽しみ!って・・・思えない・・・

こんなハズでは・・・orz

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。