上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
不思議系ドラマ(笑)「鹿男あをによし」ですが、
7話で、謎の少女・堀田イトの正体がついにわかりましたー!
いやー、そーきたか!
なんか終盤に向けて楽しくなってまいりました!

自分はですね、
大和杯を必勝の思いで獲りにいくあたり、掘田さんが「狐の使い番」かと・・・(^^;
まんまとハズレちゃいました。
堀田さんが、小川センセイ(玉木宏サン)と廊下の鏡の前で並んだとき、
ふおおおおっ!と身を乗り出しちゃいましたよっ!
鏡の前に並んだ、トナカイとカンガルー・・・じゃなかった、
「鹿男」に「鹿女」にはビックリーーー!
っていうか、なんか鹿の兄妹みたいでしたけど(笑
小川センセイが「鹿の運び番」で、堀田さんが「鹿の使い番」ということです。
じゃ、やっぱ「狐の使い番」は長岡センセイでガチですか。

で、「目」を手に入れた「鼠の運び番」は誰か・・・。
藤原クン(綾瀬はるかチャン)と小川センセイと堀田さんで状況を整理すると、
一人の人物が浮上・・・。
なんとなんと、
リチャードこと小治田教頭(児玉清サン)が浮かんだのでした。
ね、ね、リチャードが怪しいって先週云ったでしょ、ブログで!(笑
まさかね、彼が「鼠の運び番」っていう大事な役どころだったとは
想像もつかなかったんだけどねー!

これで、鹿、狐、鼠が揃ったってことですか?
み~んな揃って鏡の前で並ぶと、
動物のカブリモノ祭りの図みたいな?(笑
次回は「目」を手に入れるため、教頭に直接対決申し入れかー?
鼠ってずるがしこそうだから、どうなることやら楽しみです(^^)

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。