上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「鹿男あをによし」の9話。
最初こそ変わったドラマだなぁと思っていましたが、
(いや、今も相当変わったドラマでもあるんですけどね)
回を重ねるごとに盛り上がってきて面白くなってきました!
前半の不可解な出来事がだんだん種明かしみたいにわかってきて、
前半をもう一回見直したくなります。

鼠の運び番・リチャードこと小治田教頭がネコババしてどこかに隠したという、
「目」=「三角縁神獣鏡」。
隠し場所を推理する、
小川センセイ(玉木宏サン)、藤原くん(綾瀬はるかチャン)、堀田さんが行き着いたのは、
「木は森に隠す」「死体は戦場に隠す」というから、
「三角縁神獣鏡がたくさんあるところに隠したんじゃないか」という結論。
そんな場所あるわけないと小川センセイは諦めモードなのですが、
藤原くんが「黒塚古墳ならたくさんある」と!
え?「目」ってたくさんあるんですか?
そう思ったのは、自分だけじゃないハズ・・(笑
黒塚古墳へ行くと、うわーーー!確かにたくさんある!
そして藤原くんが、
本来33枚あるはずの「三角縁神獣鏡」が、34枚あることを発見したんです。
藤原くん、大活躍ですね♪
ようやく本物の「目」をゲットし、神無月の最後の夜に儀式を行うことに・・・・。

平城宮跡の朱雀門の前で鹿を待っている小川センセイと藤原くん、
それに儀式に立ち会いたいと申し出たリチャード。
鼠も姿を現し、いよいよ・・・と思っていたその瞬間、
リチャードが「目」を奪い、逃げたんです!
おおおっ!リチャード、意外と足が速・・・(そんなことはどーでもいい)。
自分のものにならないなら、いっそ壊してしまえ、
と「目」を迫ってくる電車に向かって投げたそのとき、
月夜か電車のライトかちょっとわからなかったけど、
とにかく、光の中に浮かんだナンだか妙なシルエット!(笑
サンタが乗ったソリを引くトナカイ風のシルエットでしたが(違うから)、
ふおおお、マイ鹿に乗った堀田さんじゃないですか!
その堀田さんが「目」を間一髪でキャッチーーー!
スゴイよ、カッコいいよ、鹿が跳んだよーーー!
今回は、「鹿が跳んだ!」の一言に尽きるくらい最後が盛り上がりました!
テレビの前でコーヒー吹きそうになったし!(笑

次はいよいよ最終回。鹿の顔は元に戻るのかーーー?

Secret

TrackBackURL
→http://midorinoha21.blog110.fc2.com/tb.php/232-074da21d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。