上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最終節は、「終わらないロスタイムで掴んだ栄光」
ある偉大なサッカー選手の言葉「人生に無駄なプレイなどあるのだろうか」
サブタイトルとこの言葉がいろんな意味で重~く感じた最終節でした。

今回の主役は、
受験に失敗してから引きこもっている31歳・三浦謙太郎(大泉洋サン)。
死因は、朝食の磯辺餅をノドに詰まらせて窒息死。
早速審判団が現れて、さぁロスタイム開始ー!
が、なぜか尾元(温水サン)が主審やってるんですけど!
なんで?いつから?どうやって主審に?
いろんな疑問が沸いてきたのですけど、それについては触れずじまい。

今回、審判団と謙太郎のやり取りが笑えました~!
実況の青嶋サンと解説の方も天袋から登場するし!
で、肝心のロスタイムですが、電光掲示板には「12」と。
「12時間か、やっぱいつもより長いな」と思った自分は甘かったです!
じゃあ12週間か?っていうとき、はたと気づきました。
今31歳ってことは・・・受験に失敗して引きこもりってことは・・・
まさか、そんな、ロスタイムは12年かーーー!
スゴイです、長いです、審判団お疲れ様です!(笑
ロスタイムが12年と知って、
「結局あのときから、いつ死んでも同じだったんだ」
と呟き、ロスタイムをリタイア宣言する謙太郎。
引きこもっていた12年がムダだった、ってことは、
自分が一番よくわかってるんでしょうね。
ロスタイム放棄なのか?!ってときに、母が倒れ救急車で運ばれていき・・・・。
それがきっかけで、父が亡くなったときのことを思い出し、
そして謙太郎は目覚めるんです。
今まで家から出られなかったのに、家から一歩出るんです、
真新しいスニーカーを履いて。
11年後。
病院でマジメに意欲的に働く謙太郎の姿が・・・。
「あれ、若くなってないか?」とか、
「審判団どこ行った?」なんていうツッコミはおいといて。
12年のロスタイムのうち、1年はムダにダラダラ過ごしたけれど、
残りの11年でなんと医者になってた謙太郎。
看護師からも尊敬されたりして、
やればできるじゃん!と思ったのですが、
11年後ってことは、すなわちロスタイムが終わって「死ぬ」ってこと。
その現実が哀しい・・・。
病院から夜勤明けで戻った謙太郎は、
母と妹に「部屋で眠ってくる」と告げて、自室への階段を上がっていくんです。
後ろに無言の審判団を従えて・・・。

「人生に無駄なプレイなどあるのだろうか」
確かに引きこもっていた12年はムダではなかったかもしれないです。
死の瞬間に訪れた「12年の長いロスタイム」で、
栄光を掴むこともできたし、母親孝行もできたんだから。
でも、もっと早く気づいて、一歩を踏み出していたなら・・・・。
それを云ったら元も子もないですけど、
なんとも悔やまれる謙太郎の人生だったなぁと、
考えさせられた最終節でした。

次回は、尾元サンのロスタイムです。
第1節からずっと登場してきた尾元サンですけど、
一体どんなロスタイムになるんでしょう。
とりあえず、プチ楽しみ、ってことで・・・。
Secret

TrackBackURL
→http://midorinoha21.blog110.fc2.com/tb.php/251-8ae2d977
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。