上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホタヒカ第三夜。
今回もガッツリ期待してましたよ、
雨宮蛍と高野部長の愛の掛け合い漫才!(違う違う
ただねぇ、今回はちょっと雰囲気が違ったんですよ。
いつもと違って部長がミョーに雨宮に優しかった??
あん、それじゃつまんないじゃん(^^;
ま、それはさておき、今回のお話です!

前回雨宮がイキオイでマコト君に送っちゃった
「逢いたい」メールのその後から話は始まります。
メールの返事はこなかったけど、
会社の屋上で雨宮が休憩(?)してるところへマコト君、音もなくスッと登場!(キミは幽霊か
「雨宮さんからのメール、嬉しかったです(真顔)」
ほほぉぉぉう!あっさり云ったね、彼は。イケー、蛍!!
なのに・・・なのに・・・orz
逃げちゃダメじゃん!
まぁ気持ちはわからないでもないけれど、見てる方はもう、
もっとまっとうなリアクションせんかー!
って、テレビに向かって叫んでました(^^;
せっかくのチャンスなのに、ほんっとにアホ宮なんだから!(笑

話の後半は何だか急展開でしたよ。
オシャレな飲み会で、何故ドジョウ掬い??ってのは置いといて。
マコト君が好きなのは、雨宮だということがわかり、
雨宮に宣戦布告する優華サン!
「負けません!」宣言しちゃう雨宮。
怒涛の「ステキ女子vs干物女」戦闘開始か!?
・・・って、果たして干物女に勝算はあるのでしょうか??
相手は泣く子も黙るステキ女子だぞ!(笑

今後の展開予想としては・・・
部長との二人暮らしが優華サンあたりにバレそうですよね。
それをマコト君にチクっちゃうとか?
ステキ女子といえど、性格までステキとは限らんですし(^^;

次回はまた、部長と雨宮の名珍コンビ復活を期待してまふ♪

Secret

TrackBackURL
→http://midorinoha21.blog110.fc2.com/tb.php/27-fbf8927c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。