上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
録画しておいたの、今日観ましたー!(^^;
ちょっと今更ですが、3話の感想をチラっと。

いやー、とうとう総理になっちゃいましたねー!
もう一話くらい総裁選で引っ張るかと思いましたが、
意外にもあっさり勝っちゃったよ~!
総裁選の裏のゴタゴタとか、もっとあるのかと思いましたが、
問題は総理になってからってことなんですね、きっと。

聴衆の前での演説は、力説だった朝倉議員(木村拓哉)。
「僕のすべては、みなさんと同じです!」
国民と同じ目線で、国民と同じ意識で政治を行う。
理想ですね、それって。
そうやって政治を国民目線で行って、どう変わるのか見てみたいです。
また、国民の意識を常に政治に向けることができるのかも注目です。
古い考えをどう打ち破るのかも注目です。
ちゃんと変えてくれよ、朝倉総理!
約束だぞぉぉぉぉぉぉぉ!

「陰の総理」みたいな存在、神林議員(寺尾聰)。
彼は一体何者?
長老議員と一線を置き、政局をしたたかというか、冷静に見つめてますね。
新人の朝倉議員を総裁選に引っ張り上げたのも神林議員。
果たして彼の目的は?
総理の椅子で大騒ぎする朝倉と理香(深津絵里)を横目に、
謎の携帯電話に出る神林議員。
「これであなたも総理になったも同然・・・」
う・・・何やら、裏がありそうな。
神林議員も総理の座を狙ってるってことですか。
ただね、神林議員って、総理の顔じゃないと思うんですけど。(失敬)
どちらかといえば、女房役の官房長官がお似合い?

次回は、組閣ってことですが、ちょっと注目です!

Secret

TrackBackURL
→http://midorinoha21.blog110.fc2.com/tb.php/290-e6353347
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。