上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.07.25 攻殻機動隊2.0
先日22日のことですが、
「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊2.0」を観に行ってきました。
なんで平日に映画鑑賞なのかっていうと、
観にいった新宿ミラノ1などの東急系映画館が、
「22日」は「夫婦&カップルデイ」で、
夫婦やカップルなど男女2人のペアなら2人で2千円ポッキリなんだとか。
だったら行くっきゃないでしょう!ってことで、ダンナと2人、2千円で観てきました♪
「スカイクロラ」が劇場公開されたら、公開終了になっちゃうかもしれないし、
でっかいスクリーンで攻殻観る機会はなかなかないだろうし。
お互い仕事が早めに終われそうだったので、
急遽平日夜の映画鑑賞となりました。

感想はチラッと追記の方で。
☆ ☆ ☆

最新デジタル技術で3DCG、音響もアナログからデジタルで、ってことで
期待はモリモリの「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊2.0」。
冒頭からいきなり3Dっていうのは、お約束かなぁと苦笑しましたが、
CGの素子の顔がう~ん・・・・微妙(笑
ムリにCGにしなくても・・・と思わずにはいられない冒頭シーンでしたが、
タイトルバックで義体を製造していくシーンは(特にオヘソまわりとか)、
なかなかエロティックで綺麗v(どっちやねん
ところどころ、3DCGに違和感を感じるものの(アニメで見慣れてるから?)、
ティルトローターも脳のスキャン映像も摩天楼の夜景も
なかなかのものでした。
っていうか、今はこれが普通なのかしら?

音響は、文句なくよかったです。
劇場ならではの音響効果も相俟って、銃撃音や爆発音は臨場感たっぷり。
荘厳なテーマ曲もスバラシイのひとことに尽きます。
音響だけは、ホントに劇場で観てよかったー!と感動しました。
声優さんですが。
大きな変更は「人形使い」の声が家弓家正さんから榊原良子さんへ変更。
違和感があるとか、男声の方がいいとか、賛否両論あるみたいですが、
自分は榊原Ver.もありだよなぁって思いました。
心なしか、榊原さんの声が素子の声にワザと似せているような感じがあり、
「私たちは似たもの同士だ」っていう「人形使いの言葉」が、
家弓Ver.とはまた違ったニュアンスに捉えられるような気がします。
「女同士(?)」の方がいろんなものも含め似ている・・・のでしょうか(笑
ちょっと残念だったのが、清掃局員の右の人!(笑
以前は千葉繁さんの声でしたが、今回は違う人が演じておられました。
それが残念だったなぁ・・・(マニアックすぎ/笑

今年の冬にはどうやらブルーレイ/DVDが出るらしいです。
そういうところは、仕事早いですね(笑


Secret

TrackBackURL
→http://midorinoha21.blog110.fc2.com/tb.php/332-1cbc8521
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。