上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
悶々とした1週間が過ぎて、ようやく4話の続きが完結です。
長かったような、他のドラマも見てるから短かったような?

今回も、やられましたーー!
・・っていうか、そうきたか!と思わず仰け反りましたよ!

4話のラスト、朝吹サンという女子生徒が殺人コレクターの手によって
殺されてしまい、その続きからスタートです!
(死体は充血した目とか目の周りの斑点とかリアルでした・・・)
警察は、やっぱりというか当然のようにビデオマニア(?)の佐久間を疑いますが、
キュウ君は「心理的に犯人ではない」と言い切りました。
じゃ、一体誰が犯人なんだ??
デジタル面からバックアップする数馬クンから、学校のサイトの映画掲示板に
ネットによるいじめのログを見つけたと連絡が。
そして、いじめているのが殺された亀田、いじめられているのがアニメという
ハンドルネームを持つ人物だということがわかります。
アニメという名前、ローマ字にすると、アナグラム(言葉遊びのようなもの)により、
「エミカ」という失踪した小椋サンの名前に!
ふおおお!やっぱり失踪した小椋サンが絡んでくるのか?

キュウ君たちは、亀田クン殺しのトリックと、朝吹サン殺しのビデオのトリックを見破り、
犯人の目星をつけ、そして犯人に罠を仕掛けるべく、芝居を打ちます。
そしてついに犯人がキュウ君たちの芝居に引っかかり・・・。
まぁね、途中から、犯人はクラス委員の富永クンかもというのは
薄々わかっていたんですよ!
だけど!
「アニメ」のハンドルネームを使ってたのが、小椋サンじゃなくて、
女子クラス委員(名前わかりませんー)だったとは!!
むむむーー!そうきたか!
意外と深かったなぁ。やられましたね・・・orz
侮れないぞ、探偵学園Q!(^^;

全体的に、謎解き部分が多かった今回ですが、ふぅぅん、なるほどね~と
見ていて納得がいく謎解きでした。
ネットの匿名性をうまく使った話というかね。
それにしても、虚構の世界へ行っちゃってる富永クンは
かなり怖かったです、イケメンなのに。
さて。
ラストはいきなり団先生登場!生団先生ですよ、ちょっと!

次回はいよいよ謎の組織、冥王星のこともいろいろわかりそうです!
中盤の盛り上がりはまずまず!ってところですね~♪
Secret

TrackBackURL
→http://midorinoha21.blog110.fc2.com/tb.php/35-571f7402
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。