上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
動画で「ザ・クイズショウ」の「Episode7後編」をよーやく見ました。
いやー、いろんな意味でスゴかったです、最終回。
大どんでん返しのラストに更にもう一ひねり。
MC田崎(片桐仁)、山之辺P(戸次重幸)、
このお2人の演技もラストを盛り上げてくれました・・・っていっても、
ほとんどこの2人しか出てないけど(^^;

以下、ネタバレですのでご覧になってない方はご注意ください。

** この記事は、2008年深夜に放送された、
    「ザ・クイズショウ 最終回」(戸次重幸・片桐仁主演)の感想です。
    現在(2009年)放送されている「ザ・クイズショウ」(櫻井翔・横山裕主演)とは
    異なりますのでご注意ください。
    この記事を読まれて、
    現在放送されているものとストーリーが違っていたからといって、
    苦情や意味不明のコメントをいただいても、
    お答えできないですし、困ってしまいます。
    なお、拍手お返事につきましては、最新の記事の方でさせていただきます。
    よろしくお願いします。(2009/6/7 管理人)

クイズショウの回答者に指名された山之辺ですが、
田崎が出す問題によってストーリーの核心が明らかになってきます。
まず、山之辺と姉の美雪は、異父姉弟だということ。
これはちょびっと想像してましたが、異母姉弟だと思ってました。
パパが違うのね(^^;
それと、これまで回答者として選ばれた5人は、
山之辺の、姉に対する過剰な愛情のために復讐の対象となったこと。
このクイズショウという番組を制作したのは、その復讐が目的だったこと。
ふおおお、狂気ですね!
っていうか、たった10分程度、姉の美雪と時間を共有したってだけで
復讐の対象にされたんじゃ、たまったもんじゃありませんて!
そこらへんが何ともコワイです・・・。
姉だけが心の拠りどころだった山之辺には、
それが異常なことでもなく、偏った歪んだ愛でもなかったんでしょうけど。

そして、ドリーム・チャンス!
どーでもいいことかもしれませんが(いや、よくない/笑)、
今回田崎のパフォーマンスが見られなかったのがとっても残念!(そこか
最終回だし、今までで一番はっちゃけたパフォーマンスが見たかったのにぃ!
で、そのドリーム・チャンスの問題ですが、これまた厳しい・・・。
美雪が自殺した直接の原因は何か・・・。
もう田崎の裏切りが原因じゃないってことが判ってるし、
山之辺の、姉に対する過剰な思いが原因かなぁと薄々気づいたのですが、
答えはもっとリアルでシビアでした。
山之辺は暴行したんですね、姉である美雪に。
やっぱそうきたか、って思ってたら、もう一ひねりあった!
呻くように、「暴行」と答える山之辺に、
田崎はきっぱりと、「不正解!」と。
えええええ?不正解なのーーーっ?!Σ(゚□゚(゚□゚*)
今暴行したって云ったじゃん!!
ここで田崎は、美雪が書いた手紙を読み上げるんです。
そこには、弟に抵抗しながらもほんの一瞬、弟を受け容れてしまった自分への、
大きな罪悪感が書かれてました。
その罪悪感に悩み、自ら命を絶った。
そして、自分も弟を愛していたと。
ふーん、そうだったんだ。(←「不正解」のショックが大きくて、あまり驚愕しなかった)
ラストは、泣き崩れる山之辺を背に田崎が、
「この愛は罪なんでしょうか!ザ・クイズショウはまだまだ続きます!」
と言い放ちエンドロール。
エンドロールの最後で、白い部屋を自ら出て行く田崎の後姿が印象的でした。
ようやく解放された、ってところかなぁ。
欲をいえば、白い部屋はどこなのか、
山之辺のその後はどうなったのかが知りたかったですが、
深夜ドラマとしては面白かったと思います。
それに、深夜ドラマってなかなかリアルタイムで見られないので、
全編動画配信っていうのは嬉しかったー。
こういうドラマはまたやってほしいですv

Secret

TrackBackURL
→http://midorinoha21.blog110.fc2.com/tb.php/386-3514148d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。