上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第3話は「引き裂かれた絆」。
サブタイトル、まんま「ラスト・フレンズ」なんですねー。
「引き裂かれた絆」ってタイトル、聞き覚えがあったので、
自分の「ラスフレ」の過去記事探してみたら、
やっぱありました・・・(^^;

で、今回の3話ですが、すっかり予告に騙されました・・・(^^;
「妹に近づくな」っていう兄・耀司のセリフは、
殉也(北川悠仁)に云ったのではなく、
雑誌記者の池田(豊原 功補)に云ったものだったし・・・。
予告では、パイプオルガンを弾いてる殉也をじっと最前列でみつめる耀司のシーンで
そのセリフだったから、自分はてっきり殉也へ向けた言葉だと・・・。
まぎらわしいーーーー!ヽ(`Д´#)ノ
ま、それはおいといて・・・。
今回は、謎めいた部分が明らかになってきて、
ちょっとサスペンス風になってきたかも・・・。
と、同時に、人間の怖~い一面も少し見えたような・・・。

殉也の家で寝たきりの聖花(内田有紀)は、殉也の婚約者で、
3年前の結婚式当日、大量の薬を服用したとわかりました。
一命は取りとめたけど、目を覚まさない状態になった・・・とか。
この聖花を巡り、殉也を取り巻く人たちがこぞって聖花を邪魔者扱いするのが
何とも残酷というか悲しいですね・・・。
殉也に片思いしてる(と思う)美月(香椎由宇)は、
「聖花さんが死ねばいいと思った。
 だってあの人生きてるだけで殉ちゃんのこと縛り付けて・・・」
と、本音を殉也にもらすし・・・。
聖花の気管チューブを故意に外した昴(成宮寛貴)は、
「お前にはお前の人生を生きて欲しいんだ」
と、自分のやったことを「殉也のため」と正当化する。
美月も昴も「殉也のため」と口では云いながら、
裏を返せば「自分のため」に「聖花にいなくなってほしい」って思ってる。
その辺が人間のエゴというか、怖いところ、ですね。
でも佳音(掘北真希)だけは違うんです。
「あなたに幸せになってほしいから。
 いつかあの人に目を覚ましてほしいから。」
と自分より殉也の幸せを願ってる。
なんてピュア!なんて純真!
あ、だから「イノセント・ラヴ」なのか!(笑

次回以降は、美月がいろいろ邪魔してくるみたいです。
「彼の前から黙って消えてください」
ま、上から目線の嫌なライバルっていうのは、
必ずといっていいほど、こういうこと云いますね・・・(^^;
とりあえず、佳音、がんばれ!
最強のお兄ちゃんがついてるぞ~!(笑

それと、これは自分が勝手に予想した今後の展開ですが・・・。
読んでもいいよ、という方だけ追記の方へ。
両親を殺害して放火したとされる兄・耀司ですが、
実は佳音のことを庇って罪を被ったのでは・・・?
両親を殺害したのは佳音であって、
その証拠隠滅のため耀司が家に放火した・・・とか?
記者の池田が事件のことを嗅ぎまわってるのを知り、
もし事実が知れたらマズイので、
「妹に近づくな これ以上妹の周りをかぎまわったら、おまえを殺す」
と、池田に電話した・・・とか?
でも、下手に記者に電話とかしちゃうと、
かえってマイナスなんじゃ・・・と思うわけですが(^^;

それと・・・昴くん!
結婚式当日に薬を飲んだとされる聖花ですが、
薬を飲んだ原因はもしかしたらが関係してるのでは・・・?
だから聖花が目を覚ますと昴にとっては何かとマズイわけですよ。
したがって、聖花を殺そうとする・・・のでは?
それもこれも、殉也が好きだから。(やっぱそれか!

こんな予想してみましたが、
いつも管理人の予想は当たらない、のが常なので(笑
ただのくだらない呟きと思ってください。
Secret

TrackBackURL
→http://midorinoha21.blog110.fc2.com/tb.php/412-08df02d0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。