上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
現在深夜アニメでやってる「魍魎の匣」ですが、
映画版をDVDで観てみましたーv
っていうか、
京極堂(堤真一サン)と榎木津(阿部寛サン)が観たかったんですよね。
アニメと比較もしたかったし・・・。

レビューはネタバレなので、追記で書きますネ。

魍魎の匣 スタンダード・エディション [DVD]魍魎の匣 スタンダード・エディション [DVD]
(2008/06/25)
谷村美月柄本明

商品詳細を見る

映画版「魍魎の匣」ですが・・・
ん~、はっきり云って わかりづらいです!
セリフは長いし難解だし、途中から字幕アリにしたくらい。
それなのに、原作やアニメで描かれた加菜子と頼子の関係はあまり描かれず。
なぜ頼子が加菜子を突き落としたのか、
その心の闇についても深く描かれず。
原作やアニメでは木場刑事が中心に話が進みますが、
映画では榎木津が目立つ目立つ・・・。
ま、榎木津役は阿部チャンなので、その辺は文句ないんですけどね(^-^;
いろんなところが、原作に忠実というわけではなく、
かなり脚色されているので、ちょっと面食らいました。
どちらかというと、「映像重視」で、
ストーリーの細かい部分は無理やりっぽく納めたような・・・気がしないでもない。
そこら辺が残念といえば残念です。
京極堂(堤さん)はカッコいいし、榎木津(阿部チャン)もカッコいいし、
関口(椎名桔平)とか木場(宮迫博之)もいい味出してるし、
キャストは申し分なかったりするんだけどなぁ・・・。
で、映像ですが、
切断した腕とか、手足を切断された身体を実写映像で見るというのは、
なんとも気色悪いものですね・・・orz
DVD鑑賞って、何か飲みながら、何か食べながら楽しむのですが、
今回ばかりは、う・・・気持ち悪くなりました・・・orz

映画を観て自分が思ったことは、
アニメの方が、絶対いい!
そう思いました。
だって・・・猫の柘榴も出てこないんだもん!(←期待してたヤツ)
たまってるアニメの録画でも観よう・・・うん。

Secret

TrackBackURL
→http://midorinoha21.blog110.fc2.com/tb.php/432-8815a186
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。