上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
9話 「今日、さよなら」



やっぱり今回も追記で・・・。

***  9/6に追記に書き加えました。 ***
***  9/14に再び加筆しました。 ***
☆ ☆ ☆

ネタバレします、スミマセン。
まだご覧になってない方はご注意を。

9話「今日、さよなら」。
このサブタイトル、どうも意味深でとても気になってました。
真理さんとの別れをさすのか、やっぱり悠貴との別れなのか。
見終わって、
このタイトルは真理さんとの別れのことだとわかりました。
でも次回が・・・次回がたぶん、いや絶対号泣(T△T)
見てられない、きっと・・・。

三軒茶屋についた真理さん、未来、そして悠貴。
今の時点では悠貴のことはわからないので、とりあえず3人で。

変わり果てた自宅を見て、茫然と座り込む真理さん。
避難場所になっている小学校へ娘の雛ちゃんとお母さんを探しに。
真理さんが遺体安置所で、
身許不明の遺体を確認しようとして泣き崩れたときはもう、
見ているこちらもやりきれない思いでいっぱいでした。
そんなぁ・・・重すぎませんか、と・・・(T△T)
が、悠貴が「雛ちゃんはきっと生きてるよ」と云うので、
もう一度探すと、なんと幼稚園で雛ちゃんが見つかり、
病院では、家に戻って怪我を負ったお母さんが見つかりました。
雛ちゃんもお母さんも生きてたー!
よかった、本当によかった。
病院では手が足りないというので、お母さんの介護を頼まれる真理さん。
未来と悠貴は、「2人で」成城の自宅へ帰ると決め、
成城行きの自衛隊のトラックに乗せてもらうことに。
真理さんへ感謝の言葉をメモ帳に書いて・・・。

8話では、悠貴のことはまだ「どうかな?」という感じでしたが、
9話でかなり確実になってきちゃいました・・・(;△;)
相変わらず、未来にしか話しかけない真理さん。
病院で未来に起きたフラッシュバック。
悠貴がリュックを背負って病院を出ているのに、
真理さんが残されたリュックを見つける。
未来が残したメモ、
「『悠貴と一緒に』必ず会いに行きます」に驚く真理さん。
そして、自衛隊のトラックの荷台で未来に何かを告げようとする悠貴。
「おねえちゃん、あのね・・・」

悠貴は未来に何を云おうとしたのか、次回わかると思います。
悠貴の生死もはっきりするでしょう。
「家に帰ろう」
それが未来と悠貴の願いだったから、
成城の家についたとき、家族の無事を確認できたとき、
そのとき悠貴は消えてしまいそうな気がします・・・。
いろいろ想像するだけで涙がぁぁぁ・・・・・(つД`)
いや、そうと決まったわけじゃないんだけど。

次回がこんなに気になるアニメは久々かもしれないです。


9/6に加筆。
Wikiによると、
「第9話の劇中で小野沢未来の回想シーンとして描写された死亡診断書(死体検案書)によれば、麻布医療センターにて悠貴の死亡が確認されている。死因は、倒壊家屋の下敷きになったことに因る挫傷外傷性脳出血による呼吸不全。病院到着時呼に既に呼吸反応は無かったという。これが現実世界で見た描写であるか、幻想世界で見た描写であるかは確認出来ていない。 」
・・・とありました。
ちょっと、ええええ?!って感じ。
9話が終わった時点で、そこまで具体的にわからなかったですよ。
「死亡診断書によれば・・・」って、劇中そこまで詳しく見られなかったし。
見てる方には「何らかの書類」ってことしかわからなかったですよ。
死因についてもかなり具体的なんですが、
やはり劇中、手術後の医者の話は見てる側にはわからなかったし。
なんでそんなことまでわかるの?って感じが・・・・。
あ、wiki だから?(笑
それでもやっぱり現実か幻想か確認はできてないみたいですね。

9/14に再び加筆。
↑で書いた「wiki」の引用文、「wiki」の方でいつのまにか消されてました。
ってことは、事実と違うのかしら?
Secret

TrackBackURL
→http://midorinoha21.blog110.fc2.com/tb.php/567-98d790b5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。