上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日、叔母が亡くなって、お通夜と告別式と両方参列しました。

後から聞いた話では、苦しまず眠るような最期だったとか。

それを聞いてちょっとホッとしたり・・・。

お通夜には親族として夫婦そろって参列したのですけど、

そのお通夜がすごかったです。

弔問に訪れる人が多いことにただただ驚いたんです。

病状が悪くなる1年前まで介護施設で現役のヘルパーとして働き、

ごく最近まで市民会館などでボランティア活動をしていたとはいえ、

普通の主婦にこれだけの弔問があるんだというくらい、

大勢の方に来ていただきました。

詳しい人数まではわからないけれど、

終了時刻の19時ぎりぎりまでお焼香が続いたんですもの。

父も母も、「これほど多いのは、稀だね」と驚いてました。

これも叔母さんの暖かい人柄ゆえ?なのかなぁ・・・。

自分にとっては、叔母さんというより憧れのお姉さんという存在だったから、

あえて名前で伝えたいです。

のりちゃん、遠い空の向こうから、娘さんやお孫さん、

そして大事な大事なダーリンを見守っててくださいね。

――合掌

Secret

TrackBackURL
→http://midorinoha21.blog110.fc2.com/tb.php/666-a2525bd7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。