上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回からの続き、勝浦対決編です~!
「巻きのジンベェ」から巻きの極意を教わるため、
弟子入りするスシ王子なんですが・・・

うっきゃー!
初っ端から、スシウルフこと一柳洋(成宮寛貴クン)から目が離せませ~ん!
黒が似合うし、目つきも鋭く、ウルフって感じで、もうカッコいい~!
ゴメン、スシ王子!ウルフの方がカッコいい!(^^;
ウルフとの対決は今回の勝浦じゃなく、次回の東京編なのに
ナンなんでしょう、この目立ちようは!
ただ。
ふと疑問に思ったのですが、どうしてスシ王子(堂本光一クン)と双子なんでしょう?
双子ってことは、一卵性でも二卵性でも父親は同じはずですよね。
だったら2人の父親って、スシ王子の父、米寿船造サン?
一柳鱒太郎(西村雅彦)っていうのは婿養子だそうですが、
ウルフの父は鱒太郎ではないの?
異父兄弟っていうなら話わかるのですが・・・
知ってる方いたら、教えてほしいです~(他力本願

一方、一柳からの刺客は、巻周五郎とかいう、一柳マドリード支店から来た
とってもエスパーニャな寿司職人です。
というか、あれですか、アントニオ・バンデラス意識してますか?
その割りに、バンデラスっぽいワイルドセクシーな情熱(ナンだそれ)は、
あまり感じられなかったですけどね。
というか、バンデラス風ココリコ田中・・・みたいな?(^^;
どうせならギターかなんか抱えてきたらよかったのに(笑
対決の方は、前回の千手握りみたいな派手さはなかったけど、
まぁまぁ楽しめました。
でもね。
貝を目利きするやり方が、何となくケシェンヌマ編の厚焼き玉子のときと同じようで、
ちょっとワンパターンかなぁと。
貝を触って耳を近づけたりする仕草、貝を卵に変えたら
厚焼き玉子のまんまじゃん!なんて思ったり。


今回の話では、寿司嫌いだという磯貝タクミ君という男の子が出てきます。
そのタクミ君、すごーくカワイイですvv
というか、10年後が た・の・し・み♪
前回ちょっぴり主役っぽかった河太郎(中丸雄一クンv)と
いい勝負になりそうですね~!
そういや、ラストに河太郎のパパとママは出てこなかったなぁ。
もう一回ヤクザな大友康平サン見たかったのにぃ~

さて。
次回は東京編、いよいよウルフと会うのかぁ~!


Secret

TrackBackURL
→http://midorinoha21.blog110.fc2.com/tb.php/67-8689bdba
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。