上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スシ王子、最終回です。
東京編で双子の弟・スシウルフこと一柳洋(成宮寛貴クン)といよいよ対決~!
どんなワザを使うのか楽しみだったんですよね~。
で、そのウルフですが。
まずウルフの祖父でもある総長・一柳銀次郎(若林豪サン)にスシを握るのですが、
えええええええっ!?ウルフが握ったスシが・・・光ってる!!
脳髄を刺激し、叫びたくなる・・・スシ?
それを食べた総長、目から口からものスゴイ光が出てます!
それって、目からビーム?口から炎?ソレ、ちょっと怖くない?(笑

で、王子こと米寿司(堂本光一クン)とウルフこと一柳洋の対決。
お題は「特上5人前盛り込み」。
なるほど、今まで修行してきたづけ握りや、巻きものを全部盛り込むわけですね!
二人の握ったスシはさすが双子、シンメトリーしてました!
ただ、最終回では対決自体がメインではなく、
母・サヨリの心を開くことがメインだったようです。

司は、今回の対決の審査員に母・サヨリ(柏木由紀子サン)を呼んできます。
が、二人の握ったスシに手をつけないサヨリ。
そこで司が洋とともに握ったのが、幼いころの思い出でもあるスシでした。
留守番していた二人が取り合って食べたのが
母が作り置いていた「おいなりさん」!!!
いいですよね、いなり寿司!小腹が空いたときにパクッと食べられる!
自分も大好きで、たまに作りますよ~!
油揚げの味付けが面倒くさくて、
ついつい市販の味付きいなり揚げ買っちゃいますが(^^;

ま、余談は置いといて・・・
司・洋の二人が作った「おいなりさん」を見て、それを一口。
サヨリがようやく心を開きます!
「司、洋、ただいま・・・」
「お帰り、母さん・・・」
うわ・・・いつからこんな切ない話になったんだ???
司は、ようやく心を開いたサヨリを洋に任せ、自分は「屋台寿司を極める旅に出る」ことに。
その場を去っていく司に、司を見守るサヨリと洋。
これで完!・・・と思いきや。
え?次の修行はニューヨークで映画なんですか?それマジ?

そういえば、河太郎っ!(忘れてた・・
裏切っちゃった河太郎(中丸雄一クン)でしたが、
やっぱり銀次郎に「店を一軒やる」と云われ、司を内偵していたんですね。
結局、店といっても、シベリアとかサウジの砂漠とか、とんでもない場所でしたけど。
ニューヨークでも軽いノリで、
「ヨッ、スシ王子っ!」って云ってくれるの、楽しみにしてます!
今回はドラマの完結編でしたが、映画のこと(?)もあり、
終わった~という気分がしなかったです(^^;

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。