上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「指南の五」は、南房総勝浦編です!
「巻きのジンベェ」に弟子入りするんだとか・・・

えーと、それよりも、今回河太郎(中丸雄一クン)が主役っぽくて、もう大満足~♪
あ、河太郎の本名って、「河原太郎」だったのか!
やっぱり「河太郎」の方が、職人っぽくて粋を感じる名前ですよねぇ。
しかも、実家はヤクザ!(ヤクザの跡取り息子の名前が「太郎」ってどうかと思うけど)
3年前、ヤクザになりたくなくて家を飛び出したらしい・・・。
お父さんは、大友康平サンで文句なくカッコよかったんですけど、
息子溺愛のお母さん・・・もうちょっと、もうちょっと、
イイ人はいなかったのかぁぁ!
いや失礼しました。
河太郎は、もれなくお父さん似ということで・・・(^^;

今回の一柳からの刺客は、千手観音握りをするという鱗林勝男(板尾創路)。
確かに千手観音には度肝抜かれましたが、
あそこまで手を上に上げる必要があるのでしょうか?(笑
千手観音っていうくらいだから、もっとたくさん握るのかと思ったら、
そういうことではなかったようです(^^;
次回の対決編はちょっと楽しみ♪
巻きのジンベェに弟子入りを許可されたスシ王子も、来週はどんな修行するのか楽しみです。

ところで。
大変です!スシ王子に双子の弟がいたことが判明しましたっ!
しかも、スシウルフって・・・
ま、ネーミングについてはどうでもいいです、この際。
スシウルフって、成宮寛貴クンですよっ!
もう、管理人のドツボをつくようなキャスティング、たまりません!

アレ?河太郎が主役のはずの勝浦編。
ウルフ登場で次回の注目度はウルフに全部持っていかれそうな、よ か ん!?

いやぁ、やっぱりお盆を外して大正解!
渋滞ナッシングでスイスイ快適なドライブでした。9時間かかったけど(笑)

そんなわけで、今回のスシ王子感想は、帰省先から携帯でエントリーです(^^)

今回は銀座一柳の刺客、赤月真九郎(まぐろうではない/笑)との対決編でしたが。
対決シーンは宮古島対決のときより地味ィな感じでしたね。
対決会場が、どっかの公民館の一室みたいだからなのか?
せっかくなので、ケシェンヌマ(笑)港でやったらよかったのにね。
しかも。
何だかよくわからないスゴい醤油を鰹に塗ったとき、鰹がピクピクッて動いたんですよ。
あれは見てる方はちょっと気色ワルッて思いました(^^;

スシ王子の母、さよりが銀座一柳の奥座敷に幽閉されていることがわかったり、
一柳とスシ王子の因縁も少しずつわかってきました。

来週は勝浦かな?河太郎が活躍しそうな、よ か ん!
また、ハチャメチャだけど意外に深いストーリー、楽しみです♪

にしても。
いつものように、デカイ字で突っ込めないのが、ちと寂しいなぁ!

宮古島から遠くはなれ、今週は東北宮城の気仙沼から番組をお送りいたしま・・・
違う!
「いい旅なんとか気分」でも、「遠くへ行きた・・」でもなく、
「スシ王子!」だった、これは・・・(^^;
でも、毎週違う土地へ行くのかと思っていたら、
今回と次回で「気仙沼編」ということらしいです~

で。
やってまいりました、ケシェンヌマッ!・・いや、だから気仙沼っ!!
前回ティダ寿司親方から「自然流気泡握指南書」を渡され、
銀座・一柳との因縁を知りたければケシェンヌマ(も、しつこい)に行け!と
云われたスシ王子!こと米寿司(堂本光一クン)。
電車を乗り継ぎ、や~っとたどり着いた気仙沼で待っていたのは、
飛行機でビュンッと飛んできたティダ寿司見習いの河太郎(中丸雄一クンv)でした。
河太郎が親方から預かったという手紙。
「すべてはづけの閻魔が知っている」
この手紙を見た司、「閻魔」を「らんま」と読み違え・・・
スシ王子!って、漢字読めなかったのかっ!?(笑
とにかく、最初っから笑わせてくれました。

「づけの閻魔」を探す司たちに対し、銀座・一柳からは刺客が放たれます。
その名も「赤月真九郎」!(まぐろう、ではない/笑)
何か登場の仕方といい、名前のお遊び感覚といい、
このドラマって、スタッフさんが楽しんで作ってますよね。
いや決してスタッフさんが遊んでるとはいわないですが(笑
他の出演者の役名も、「さより」とか「鯛造」とか「鱒太郎」に「カンパチ」って、
サザエさんかっ!

ようやく「づけの閻魔」北山鯛造(なんと夏木陽介!)を探しあてた司は、
弟子入りを願い出ます。
が、北山に「うちの弟子と勝負して勝ったら弟子にしてやる」と条件を出されます。
お題は「厚焼き玉子」。
あぁ、これって作るの難しいんですよねぇ。焦がしちゃったり、
うまく均等にならないし・・・(一応主婦ですが、何か
で。
司は短時間でチャチャッと作ってしまいますが、
弟子の野呂山は丁寧に何時間もかけて厚焼き玉子を作ります。
って、何時間もかけるものなのかよっ!
できあがった厚焼き玉子は何か後光が射してるっていうか、
すごい出来栄えで、当然のように司は負けてしまいます。
弟子になれず悔しがる司に北山は、
「大事の命を握ること」の大切さ、愚直さ、謙虚さを忘れてはならない、と説いていきます。
ふぅぅうん、なるほどなぁ・・・。
常に食材に対し感謝の念を忘れてはならないってことでしょうか。
やば・・・耳が痛い・・

今回は、まだ対決はなし。
次回、「指南の四」で一柳の刺客・真九郎と勝負します。

そうそう!
銀座・一柳四代目総長が登場しました!
なんと、若林豪さんです!似合わない長髪には大笑いでしたが、
やっぱりこの方も「閻魔」を「らんま」と読み違え・・・
あぁ・・一柳の総長でさえ漢字読めないのか(笑


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。