上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
とりあえず、続きを観るかは2話次第と決めてたので。
で、2話は「生かすか殺すか 究極の選択」。

えーとえーと。
2話まで観たんですが、今後の展開が読めません(^^;
ハラハラドキドキワクワクで展開が読めないのではなくて、
単に竜崎(滝沢秀明)が何をしたいかよくわからないんです。
金儲けのため?人の生死をもてあそぶだけ?
それとも、もっともっと深くて大きな目的があるのかしら?
龍谷村の元警官の怯え方が尋常じゃないのも気になるし。
2話でもうちょっと話を進めてくれるかと思ったんですが、
話、あんまり進みませんでしたねぇ・・・。

合わせ鏡といわれた碧井(錦戸亮)も、
やっぱり何をしたいのかわからない。
意識の戻らない教え子を助けたいのか、ずっと竜崎と一緒に行動してますが、
その意思を竜崎にはっきり伝えない。
果ては、彼の云われるまま、
交通事故を起こした酔っ払いを殺しちゃったし。
お話もねぇ・・・う~ん(-ωー)
瀕死の重傷を負った子供たちが次々と起き上がって、
「ママ~、なんともないよ~!痛くないよ~!ヽ(*´∀`)ノ」
って展開には、え?マジ?って思っちゃった( ̄▽ ̄;)
っていうか、一人じゃなかったのか!(笑

興味をひくのは、ダムに沈んだ龍谷村のことが、
2人に何か関係してるってことかしら。
「龍谷村」ってネーミングといい、ダムに沈んだ村といい、
ちょっとオカルト風になってきた?
次回は、その辺もっと進めて、
龍谷村で何があったのか少~し明かしてほしいです!
熊切社長の息子・勝(八乙女光)クンも、
なかなかカッコいいですネ~v(目の保養、目の保養・・・
あ、次回も観るつもりになってる・・・(笑

そうそう。
1話の感想でつぶやいたことがホントになったのには、
思わず鳥肌立ちましたよー!!!?(°∀°)
あはは、やっぱりアレは決めセリフっていうか、
決まり文句になるんでしょうかねぇ~?
「もし、この力が本物だったら・・・
 あんたは俺に、何してくれる?」
何します?肩でもお揉みしましょうか?(人´∀`)

夏クールの新ドラマの中で、唯一興味がわいたのがコレ、
「オルトロスの犬」(金曜22時 TBS系)。
だったら初回はしっかり観なきゃー、ということで。

あらゆる怪我や病気を治す力を持つ凶悪な男・竜崎に滝沢秀明、
触れただけで人を殺す力を持つ優しい青年・碧井に錦戸亮!
なんと豪華なダブル主演!!!
一週間の疲れを吹っ飛ばすような、
面白いドラマになることを期待したいですネ。
もちろん目の保養にもさせていただきますv(^^;

第1話は「神の手を持つ悪魔」。
初回だから、ストーリーの序章と、キャストの紹介、
その関係が少し明らかに。
竜崎、碧井も早速その特殊能力を見せてくれました。
刑事役の水川あさみさんも、熱演してましたねー。
ちょっと刑事の割りに単独行動が多すぎて「?」でしたけど(笑
が、しかし・・・。
んー、どうなんでしょう。
なんかいろいろインパクトが薄いような気が・・・。
22時台のドラマなら、もう少しグロくても、
もう少しショッキングでも、もう少しダークでもいいかなぁ。
サスペンス色もそんなに濃くなかったような。
でも、2人の特殊能力があまりにも突飛なものなので、
これはエスパーものか?SFか?って思っちゃう。
死因も「心臓発作」では、デス●ートとおんなじで、
ノートに名前書くか、手で触るかの違いだけじゃ・・・なんて。
あと、錦戸クンは、「ラストフレンズ」の宗祐のイメージが強くって、
やっぱり悪役の方がピッタリはまるかなぁ、と。(笑
アメリカンスタイルのスピードミステリーってことですが、
期待が大きすぎたんでしょうか?
次回はもうちょっとストーリーが動き出すと思うので、
今後も見るか見ないかは、次回待ちってことで・・・。

そうそう、忘れてた。
今回は、タッキーのこの一言に、やられました!(^-^;
「あんたは俺に、何してくれる?」
すごい口説き文句ですよね~!(違うって)
その「神の手」で治してやる代わりに、毎回そのセリフ云ったらスゴイ!
っていうか、毎回云って決め台詞にしてほしい!(笑

はいはい、自分だったら何でもいたしますv


数ヶ月ぶりにドラマレビュー。
・・・といっても、チラっとだけど。

キムタクが変人の脳科学者で、その助手が綾瀬はるかチャン。
ゲストも含め、とにかく豪華キャストが魅力で、
このドラマは見なきゃなぁー!と思ってました。
そのドラマも最終回。
毎回欠かさず見てたわけではないですが、
チラっとレビューを。

第8話は前回の7話からの続きです。
今回が連ドラの最終回なんですが、それを見て一言、
ええええ?これで終わりっスかーーー!?
なんなんでしょう、この消化不良な終わり方・・・orz
いかにも続編、あるいはスペシャル、あるいは映画化を意識した感じで、
某局の某「SP」の最終回みたいで(笑)、
ホントいただけなかったです。

狙撃事件と誘拐事件の犯人・北里陽介(上川隆也)を、
九十九(木村拓哉)の機転と丹原(香川照之)の執念で無事逮捕。
「今度は科学があなたの味方をしてくれるはずです」
この九十九の一言で、
北里さんも救われたかなー、殺人犯にならずに良かったなー、
なんて思ったのもつかの間、そーいや武井は?!
あの意味深な笑み浮かべ、目力(めぢから)はキムタクより上だった、
存在感バリバリの武井はーーー!?
第1話に出ていた警視庁・組織対第4課の武井(市川海老蔵)が、
7、8話にもいろんなところでちょろちょろ顔出してて、
結局、彼については謎のまま終わっちゃう。
九十九に云わせれば、
彼の謎については「僕たちの宿題」なんだとか?
その宿題はいつまでなんですか、九十九先生!!!
海老様vsキムタクはいつになったら見られるんですか!!!
最終回なのに、そんな勝手に持ち越されて、
そんなの反則ですよ!!!
すごい気になるじゃないですか!!!
・・・・・気にはなるけど・・・あんまり引っ張ると忘れるからね!
そもそも、連ドラが全8回って短くないですか?
あと2、3話くらい長くして、
きちんと「海老様vsキムタク」の対決やって、
本当の黒幕とか引っ張り出してほしかったんですけど。
ううう、消化不良だ・・・お腹壊すゾ!

あとラスト、九十九がアメリカへ旅立つ飛行機では、
ハイジャック犯役で香取慎吾クン出てきたんです。
そりゃね、次クールのドラマ「こち亀」で主演するのはわかってるけど、
な~んかとってつけたようなシチュエーションで全然笑えず・・・orz
なんだかなぁ・・・。
テーマ曲に使われたヴァン・ヘイレン「ジャンプ」だけは
最終回でも昔懐かしくて良かったです!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。