上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「ラストフレンズ」、衝撃の9話は「君の命」!!!
いろいろ衝撃なことがたくさんあった9話でしたが、
とにかく!
次回が最終回ってのが一番衝撃でした!(そっちかー)
もう2回くらいあると思ってたのに・・・

もうねー、宗佑(錦戸亮)が怖い!(((>д<)))
前回地味だったのは、嵐の前の静けさだったのね・・・。
病院を抜け出した宗佑は、美知留(長澤まさみ)を追って現れました!
美知留が雑貨屋で一人になったところへ、
あの宗佑のテーマともいえる不気味なBGM。
そして松葉杖がコツン。
「みちる?久しぶり・・・いつ帰ってくんの?」
宗佑キターーー! (((p(>o<)q)))!!
演出怖すぎですよー!
逃げようとする美知留の腕をつかみ、「一緒に帰ろう」と宗佑。
宗佑から逃れたくて、咄嗟に出た美知留の言葉。
「宗佑、許して!私をもう自由にして!
私、好きな人ができたから
でも、この言葉が宗佑のスイッチ、入れちゃったんだよね・・・。

タケル(瑛太)を待ち伏せし、
松葉杖で殴る宗佑はマジで怖かったです!(><)
「みちるに手を出すな・・・わかったな」
あんなに頭殴ったら死んじゃうって!
杖で殴る、また殴る。
そして足でタケルの大事な手を踏みつけるーーー!
いやーーー!タケルーーーー!(TT)
死亡フラグ、タケルに立ったのかと思いました・・・。
その後、復活してたときはホッとしましたけど。
それにしても、あの右手はどうなっちゃうんでしょう。
せっかく映画の話もきたのにね。
あの包帯グルグルの右手を見たとき、
「ハチクロのはぐちゃん」を思い出したのは自分だけでしょうか?
無事に仕事復帰できるといいなぁ・・・。

タケルといえば、まだ過去が明らかになってません!
最終回まで引っ張りますかー!
ちょっと不気味なお姉さん、今度はシェアハウスに登場!
法事だというのに、タケルを訪ねてバナナブレッド持ってきたり・・・。
お姉さんもストーカーっぽいような気がしますが。
タケルのことが好きなんですか?
うーーん、わかりません!(><)

ラストがこれまた大変なことに!
瑠可(上野樹里)が宗佑に呼び出され、宗佑のマンションの部屋へ。
宗佑と対峙した瑠可が、
ついに美知留への想いをぶつけるんです。
「美知留を本当に愛してるのは、私だから。 
あんたの愛なんか、本当の愛だと思えない!」
この言葉にキレた宗佑が瑠可へ襲いかかり、
瑠可を組み敷いたところで最終回へ!
うわ、ヤバイです、この展開!
もしかして瑠可は宗佑に?・・・・・・続きはとても云えません!(TT)

最終回は「愛と死」。
瑠可がどうなったか気になります!
いろいろと想像を超えるドラマでしたが、最終回もスゴイことになるんだろうなぁ・・・。

8話は「最後の手紙」。
今回は、何といっても瑠可とタケルでしょう!
ラストの抱擁シーンは泣きましたー!(゜-Å) ホロリ
すごくいい関係だと思う。シアワセになってほしいと思う、この2人。
だけど・・・・・・次週の予告でタケルがーーー!(ノД`)・゜・。

自身の悩みが原因でシェアハウスを出ていく瑠可(上野樹里)が、
タケル(瑛太)に残した一通の手紙。
「自分を好きだって初めて云ってくれた人だから。
だから、あなたにウソはつけない。
タケル・・・私はね、ホントの私は・・・・・・・・・・」
ドラマの中で、その続きは語られなかったけれど、
タケルを見ればカミングアウトしたんだとすぐわかりました。
「でも俺は、瑠可を支えたい!
瑠可がどんな風に変わっていこうとしても見続けたいんだよ!
瑠可を見失いたくないんだよ!」
タケル、男前ーーー!カッコいいーーー!
云われてみたいゾ、こんなこと!(おぃ)
堰を切ったように号泣して、抱擁する瑠可とタケル。
冒頭でも書きましたが、いい関係です、この2人。
お互いが心を許せて、お互いがわかりあえて、
どんな障害でも乗り越えていけそうに思えました、
次週の予告を観るまでは。

一方、美知留(長澤まさみ)に別れを告げられた宗佑(錦戸亮)。
男の子を追って警報機の鳴っている踏切へ飛びこんだのが前回のラストだったので、
一応、安否が気になっていたのですが、
ケガをしただけで命に別状はなさそうです。(なぁんだ・・・)
で、入院先の病院で、ひたすら美知留に手紙を書いていたらしい。
ものすごく大量の手紙が病的で怖い!(字はうまかったけど)
その手紙は、エリ(水川あさみ)や瑠可によって焼却されたから、
美知留の目には届かなかったけれど、
今回のラスト、やっぱ病室から抜け出してましたね。
ハタハタとカーテンがはためいて、ベッドはもぬけのカラ・・・。
きゃー、怖いです、ホラーです!

で、衝撃の次週予告。
美知留の声で「私、好きな人ができたの」。
病室を抜け出した宗佑は杖をついてるんですが、その姿が何とも云えず怖い。
ちょっとした殺人鬼って感じ?(そこまで云うか)
で、「俺の美知留に手を出すな!」って、その杖でタケルの手を!
タケルの悲鳴が・・・・ギャアアア!!!(((p(>o<)q)))

どうかタケルは無事でありますように!
次回観るのが怖いです。でも観ます、必ず!

7話は「残酷な現実」。
ストーリーも終盤になってきましたが、
今回はいつにも増して重い展開だったような・・・。

タケルが・・・タケルがかわいそうすぎるーーー!(;;)
前回、思わず「瑠可、君のことが好きだ」と云ってしまったタケル(瑛太)。
瑠可(上野樹里)の返事は、
「タケルの気持ちには答えられない」だったのですが、
それがきっかけで、2人の関係がギクシャク。
タケルに対し、冷たい態度をとる瑠可が何とも痛い・・・。
みんなで遊園地へ行くと決まったときも、
あてつけなのか、モトクロスの監督を連れてきたり。
タケルのマグカップを監督に貸しちゃったり。(ヒドすぎ)
それでもタケルは、
「君の傍にいようと思うなら、重荷になっちゃいけない」って。
うわーん、タケルがいい人すぎて切ないです。(;;)
前回、お互いが自分の悩みをそれぞれ打ち明けていたならば、
もうちょっと楽になれたかも。
ま、ドラマ自体重たいテーマなので、楽になっちゃマズイんでしょうが。
タケルの過去も少しずつ。
どうやら、「お姉さん」に関係あるらしい。
「大好きだった人を、後で嫌いになる」
ってことは、大好きだったお姉さんをある出来事がきっかけで、
嫌いになったってことですね・・・。
どんな出来事があったのか、全然想像つかないですが、
このドラマ、どんな展開でも驚かなくなってきた・・・かも(^^;

一方。
宗佑(錦戸亮)と別れる決意を固めた美知留(長澤まさみ)。
電話で、ちゃんと「サヨナラ」って云えたし、
宗佑もそれを受け止めたかに見えたのですが、
やっぱり宗佑はタダモノではありませんでした!
ネグレクトを受けてる子供に「さびしい?」と聞かれると、
「さびしくないよ。 彼女はまた、戻ってくるから(真顔)」
その自信はどっから来るんだ!
その後、母親を見つけて飛び出した子供を追いかけ、
警報機が鳴ってる遮断機に飛び込んだ宗佑!
いやー、次回がホント気になります。

みんな出かけた後、キッチンで後片付けをする美知留とタケル。
美知留がタケルに云っちゃうんですよ!
「タケルくんのこと、好きになっても・・・いいかな」
タケルが戸惑いつつも美知留の肩を抱き寄せたその後ろにいたのは、
宗佑・・・じゃなくて、瑠可ーーー!
美知留の語り、「幸せの時間は、思ったよりずっと短かった」って言葉が気になります。
次回の予告、見逃しちゃいましたが、
きっと期待を裏切らない展開・・・なんだろうなぁ・・・。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。