上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回、録画を撮り損ねてしまいまして・・・。
7話はしっかり見逃したんですよねぇ・・・あう・・・orz
今回はどんなかなぁと思ってたら、どわっ!美緒と結城センセは、もうデートしてましたかっ!
し か も!
結城センセは美緒にキスしようとしてるし!恥ずかしがって顔うつむいてるし!
爆弾娘はどこ行ったっ!
すっかりしおらしくなってて、ビックリしました~!

でも。
医者と恋愛関係になると必ず障害が立ちふさがるのが常。
今回もお約束というか、お決まりというか。
大学病院のおエライさんから、
「患者と付き合うなら病院を辞めろ」と云われたらしい結城センセ。
さぁ、どうする?約束された将来を取るか、まだ未知数の恋愛を取るか?

次のデートをいろいろ計画して楽しみにしている美緒。
恋する女の子はある意味最強ですねー。
いちばんキラキラしてて、いちばん可愛く見えますよ。
対照的に、浮かない顔のダメ兄。
なぜなら。
美緒に「結城先生を諦めろ」と告げなければならないから。
ダメ兄の出した結論は、「お互いのためにもう会わないほうがいい」っていう、
何とも後ろ向きな答えでした・・・。

美緒を「花火と一緒に写真撮ろう」とか云って外へ連れ出し、
「結城先生を諦めろ」と告げるダメ兄に、突然のことに驚く美緒・・・。
それはやっぱり酷だよねぇ・・・。ダメ兄の望みどおり恋愛してるのに。
美緒のために「諦めろ」としか云えないダメ兄に、何にもできないダメ兄に、
「ビックリするようなイイ写真撮れ!」と強烈なエールを送る泣き顔の美緒。
そんな美緒の顔に向け、黙ってシャッターを切り続けるシーンが、
何ともいえない、切なくてイイシーンでした。

美緒は、結城センセに別れを告げ、高木センセにはロスへ帰ると告げます。
それが本心ではないことはバレバレなんですけどね・・・(^^;
同じころ。
パリ行きの課題を番場先生から求められたダメ兄は、
「いい写真が撮れてない」と美緒を撮った写真をゴミ箱に捨て、
パリ行きを諦めちゃいます。
理由は、死んでしまうかもしれない妹を前に、
自分の夢はどうでもいいとか何とか云ってたような・・(うら覚え)
もー、諦めんなよぉ!パッション感じさせてくれよっ、ダメ兄!

このドラマって、ダメ兄といい、結城センセといい、
男の人がほんっとにダメダメですよねぇ・・・情けないというか、頼りないというか。
ラストでは、結城センセが「彼女と付き合うのはやめない!」宣言をしてたけど・・・
さて、来週の予告。
ダメ兄、またブッ倒れてたよっ!果たして、大丈夫なんでしょうか?

前回、弾みで告白しちゃった後は、
「アレ?その展開だと何にもナッシング?」
なーんてツッコミ入れてから1週間たちました。
さ、今週は嵐が何かを運んできたぞっ!

病室に一泊したあと、自己嫌悪に陥りながら家に戻る美緒。
家では、首都圏に台風が接近中ってことで、備えやら点検やらをしておりました。
ダメ兄の女友達はるなも泊まることになって、
何やら楽しげな合宿の夜っていう様相であります(^^)
ところが状況が一転。
美緒はニトロケースを病院に忘れてきたことに気づくのですが、
予備として冷蔵庫にあったニトロを勝が誤って捨ててしまってた。
ニトロを失くすって展開はベタすぎっちゃベタすぎですけど、
とりあえず、次~

美緒にもしものことがあったら・・と心配するダメ兄は暴風雨の中、
無謀にもバイクで病院へ向かいます。
行けー、ダメ兄っ!今こそ名誉挽回、起死回生のチャーンス!
しかし。
結城センセも暴風の中、美緒にニトロを届けに・・・ありゃ、行き違いか?
ダメ兄の方は、案の定トラブルに巻き込まれたり、ケガしてみたりで
ヘロヘロになって病院へ到着。
プールにずっと浸かってた子供みたいに唇真っ青にして、
高木センセの前でヨヨヨと倒れてみたりしています。

結局のところ。
暴風雨の中、結城センセは無事美緒のところに着いて、ハプニングはなし。
ダメ兄の方は、濡れた服をぜ~んぶ着替えさせてもらって病院にお泊り(笑
心意気はよかったダメ兄でしたが、残念、空振りだったか・・・

台風一過の朝、美緒の携帯に結城センセから電話があり、
お互いの気持ちを確認しあった2人は早くもハッピーエンドか?(んなわきゃないね
ヨタヨタになってバイクを押して帰ってきたダメ兄に、
「恋をした」ことを告げる美緒。疲れた顔で微笑む兄。
が。
ねぇねぇ、腕のケガくらい、気づいてやってよーーー!
しかもクサイって、かわいそすぎ・・・

さて。
来週はどうなるのでしょう。
お医者さん、それも新人ってなると、忙しくてなかなか会えないよ・・・ねぇ?
あまり期待をせず、待ちましょう!
昨夜は「ファーストキス」第5話でしたね!
それが、最初の20分くらい見逃しちゃったんですよぉ!
ま、一生の不覚!っていうほどじゃないですけどね~

なぜ20分見逃したかっていうと、
忘れてた、なんて口が裂けても云えませんて!
いやいや、牛乳買いにコンビニ行ってただけです・・・(^^;

で、今回のお話。
美緒が街でナンパされて、それを一流(劇団ひとり)が目撃。
そのことが原因で、帰ってきた美緒と心配したダメ兄が兄妹ゲンカし、
美緒が出て行ってしまいます。
このとき、ダメ兄カッコよかったですね~!
「ひねくれんなら、まわりを巻き込むな!」
「甘やかしすぎた」
ふおおお!ナンだ、ビシーッと云えるじゃん!
家を飛び出した美緒は行くとこないから病院へ。
胸が苦しいから診てほしいという美緒に、高木センセは美緒のウソを見抜きます。
だって、わかりやすいもんね、美緒チャン。顔にすぐ出るしさ・・(^^;

高木センセはダメ兄に連絡して、迎えにきてもらうよう告げるのですが、
ダメ兄は「今回は譲れない」とか云って一丁前に拒んでます。
が、そうはいってもやっぱり病院に迎えにくるダメ兄!
応対した高木センセに、
いつもお世話になりっぱなしだから、何かお手伝いでもさせてくれと、
口説き文句のような?こと云ってみるのですが・・・
「突然大きな岩の下敷きになったらお電話します(真顔)」
ダメ兄、撃 沈!
高木センセ、意外とオチャメだったりして・・・(^^;

さて。
結局、病院に泊まることになった美緒を置いて帰るダメ兄。
その場にいた結城センセに
「美緒は結城先生のことが好きだから、優しい言葉かけてやってくれ」
なーんてことを頼んじゃいます。
あ゛ーもう!
そういうことはよくないって、すぐバレるってのになぁ・・・。
ダメ兄に頼まれたことをすぐ実行する結城センセ(早っ!
美緒チャンの病室に行って、ちょっとわざとらしい優しい言葉をかけたりしますが、
案の定、0.2秒でバレた・・(^^;
でも。
美緒チャン、結城センセに良いウソのつきかたを例を挙げて教えます。
「結城先生にけじめつけたいって云われて寂しかった。そう云われて、ホントに好きだって思った」
うわ、それってマジ告白じゃないですか、美緒チャン!
結城センセ、男として医者としてどーする?・・・・って、
アレ?何にもナッシング?
って、いつの間にか小田さんの曲流れてるし・・・
きゃー、次週なのか?!

何だか次週は嵐の予報出てるみたいです!





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。